このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

COPDは、全身疾患である

2010年12月17日(金)

今夜は、COPDフォーラムで、「診療所におけるCOPD診療」で講演した。
メイン講演は、呼吸器の権威、、京都大学の三嶋理晃教授の講演だった。
「COPDは、全身疾患である」というメッセージを頂いた。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 
私は、ハイチェッカーを用いた当院のデータを発表した。
大人にはハイチェッカーを。
子供にはスモーカライザーを。

COPDとは、慢性閉塞性肺疾患のこと。
昔の肺気腫を含む概念だ。
500万人もの患者がいる割には、認知度が極めて低い。

COPDの95%は、たばこが原因。
「禁煙」が、治療の柱だ。
「スピリーバ+アドエア」が、お薬の標準。


以下、講演要旨。

【COPD第3版ガイドライン(2009年)】

タバコの煙を主因とする・・・と、

「タバコ」が原因であることが、明言された。

COPDの原因の95%が、タバコである。

 

COPDの定義は、

1)1秒率が70%以下であること。

2)他の疾患(喘息、肺がん等)を除外すること。

 

第3版では、亜型分類の変更があり、

気腫型と非気腫型に分けられた。

 

【LAM(リンパ脈管筋腫症)】

若い女性に多い。全国に500人の難病。

予後不良。肺線維症。

肺気腫との鑑別が重要。

リンパ管の平滑筋の異常細胞が増殖する。

昨年10月より治療対象疾患に指定

肺移植の対象となる

CT画像のフラクタル解析が診断に有用

肺気腫=融合する

RAM=融合しない、で鑑別できる。

 

【COPDの管理】

1秒量と自覚症状は、必ずしも比例しない。

インフルエンザワクチンや肺炎球菌ワクチンの

有用性は証明されている。

 

長時間作用型抗コリン剤と、吸入ステロイドの

併用が重要。吸入ステロイドの副作用は無い。

 

【喘息を合併したCOPD】

両者が明確に分けられないこともある。

喘息患者がタバコを吸うと、COPDになり易い。

 

【在宅酸素療法(HOT)】

1985年から保険適応。

現在、15万4千人がHOTを受けている。

HOTを受けている患者さんのうち、

COPDは、48%から45%に減っている。

=COPD治療成績が向上している成果か?

他は、結核後遺症、間質性肺炎。

 

準呼吸不全に対するHOTの意義。

導入時には、必ず動脈血ガスを調べる。(CO2をチェック)

 

飛行機内の酸素は、8割になるので、

呼吸不全の方が乗ると危険。

 

HOTの患者さんがタバコを吸うと大火事になる。

 

【COPDは全身疾患である】

1 認知症

2 嚥下障害、GERD

3 睡眠障害

4 骨粗しょう症

などと深く関連

 

【COPDとGERD】

「GERD症状が、COPD増悪に関与している」可能性がある。

GERDの問診票(FSSG)は酸関連スコアと運動不全スコアがある。

運動不全スコアの高い人には、PPIにガスモチンを併用した方がいい。

 

COPD患者さんは、死亡率が高い。

血中の接着分子やTNFなどの増悪因子が高くなる。

COPDは喫煙と独立してIMTを増悪させる。

 

β刺激薬を使っても、重篤な心血管障害には至らない。

 

【COPDと骨粗しょう症】

COPDの7割が、骨粗しょう症である。

COPDがあると、骨粗のオッズ比は1.9倍になる。

もちろんGERDも増える。

胸のCTで、肺と同時に胸椎の骨密度を測定できる。

 

【COPDと栄養】

肺気腫の進行と、BMIは反比例する。

神経性食思不振症に肺気腫病変が多い

 

第二次世界大戦のゲットーで亡くなった人の剖検から

370人中50例13.5%に肺気腫が見られた。

肺気腫50例のうち、34例が40歳未満だった。

 

結局は、栄養とリハビリが重要。

 

【トピックス】

iPSによる再生研究が始まっている。

iPS細胞を肺に注入する先進研究。

 

開業医は、COPDの20%しか診断されていないという指摘

診断率は、欧米の10%以下という事実に、開業医は驚くべき。

 

呼吸困難はゆっくり来るので、分かりにくい。

しかし治療すると楽になる病気である。

 

マクロライドは、免疫調節し、ウイルスの接着を抑制する

 

限局性の肺気腫は「肺容量減少術」や「肺移植」の適応。

日本は、COPDへの肺移植が国際的に少ない

 

栄養改善のため

食欲増進剤であるグレリンの投与試験が治験中

 

PS) COPDに、スタチンが有効って、知らなかった。


 

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

肺気腫早く直る病気になって欲しいです。
JT がもっとバックアップしたらいいのに…
いままでの納税者に国だって煙草税でバックアップするべきだよ

Posted by 匿名 at 2012年07月09日 08:10 | 返信

COPDに使われる薬は、抗コリン作用強いものが多いです。抗コリン作用のある薬を服用しているCOPD患者さんは、認知症になる確率が高いのでは?と推測します。

Posted by y16103 at 2016年08月23日 06:13 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会