このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

家に帰って点滴を止めたら笑顔が出ました!

2010年09月16日(木)

毎日、認知症の終末期の患者さんのご家族の相談にのります。
ある認知症の患者さんが、大きな病院で胃瘻を勧められましたが拒否し、
また介護施設への転院も拒否した結果、ご自宅に帰ってこられました。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 
胃瘻を拒否した結果、病院では、毎日1000mlの点滴をしていました。
ご家族は、自宅でも同じ点滴を望まれました。
しかし私は、それは出来ないことを説明しました。

胃瘻にせよ点滴にせよ、延命処置です。
認知症終末期や老衰の方には、本来、適応はありません。
胃瘻をしないなら、点滴もしないでないと、理屈が通りません。

説明の結果、点滴をしないことに、ご家族は納得されました。
2~4週間で自然な最期を迎えるであろうこと、
その時に慌てないで欲しい、と説明もしました。

その代わり、私からひとつお願いしました。
その老人の顔を、家族全員で、なでて欲しいと。
その指示どうり、家族みんなで体中を触り始めました。

2日後、訪問するとその老人は、なんと、笑っていました。
病院では、意識も無く、全く表情も無かったのが
笑ったので、みなさんビックリです。

さらに、アイスクリームや食べ物を少し口にしました。
やっぱり・・・
食べれるのに食べれないことに、なっていたんだ。

さらに、脱水傾向になったため、心不全が改善しました。
ゼコゼコが少しましになりました。
点滴を止めたら、いいことだらけ。

明日からは、長らく入っていなかった入浴を考えます。

自宅に帰ったら、いいことだらけです。
ご家族も、すでに満足されています。
正解でしたね。

認知症終末期になっても、快、不快は、ハッキリ分かります。

そして、この笑顔を大切にして、人生の最期を見守ってください。
そうお願いしました。

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部