このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

酸素療法、続々と否定

2018年01月04日(木)

なんでもかんでも酸素を付ける病院や施設が結構ある。
お金儲けであったり介護者や家族の不安解消だったり。
絶対善と信じられてきた酸素療法に、待ったがかかる。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

私は酸素が大嫌い。
自分が死ぬ時に酸素など絶対吸わない。

しかし世間は真逆で、なんでもかんでも酸素。
必要が無いのに付けて、金儲けしている人も。

しかし、酸素療法の意義を否定する論文が
日ホス前理事長の谷田先生から流れてきた。

思わず拍手喝さい。
直感は正しかった。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@




JWから「心筋梗塞に酸素は無益で有害だ」という臨床に重大な1月の情報です。
 
100年以上にわたり、心筋梗塞の患者に酸素が当然のごとく投与されてきた。
しかし、その有益性が検討されたことはなく、今ではむしろ疑問視されるようになった。
このメタアナリシス(Fu S et al. Int J Nurs Stud2017 Sep; 74:8)は酸素療法の安全性と
有効性に関する2016年を除いた5件の二重遮断無作為対照臨床試験をまとめて、
心筋梗塞の再発率は酸素療法を受けた群が受けなかった群に比して有意に高く(5.6%対0.7%)、
20人に1人が害を被っていた。6ヵ月の観察期間で、短期的死亡率(3.5%対3.4%)、
不整脈頻度(36%対31%)、胸痛頻度(83%対86%)に両群で差違はなかった。

 このメタアナリシスに含まれない2016年報告の大規模二重遮断無作為対照臨床試験
(N Engl J Med 2017; 377:1240)の6000人の心筋梗塞疑い患者を対象とした臨床試験では、
酸素療法の効果はみられなかった。

つまり、今までの全臨床試験から非低酸素症の心筋梗塞患者における酸素療法を最大限欲目に見積もって
「酸素は無効」、そして悪く見積もれば「無視できない過剰な危険性」があると結論づけられる。

酸素療法の有益性は次々と否定されている。
最適応と思われる閉塞性肺疾患に効果はなく(BMJ 2010; 341:c5462、N Engl J Med 2016; 375:1617)、
ICU患者に有害となり(JAMA 2016; 316:1583)、終末期患者にも利益なく(Lancet 2010; 376:784)、
鎮静中の患者の低酸素症予防に無効(Ann Emerg Med 2008; 52:1)だった。

何のために、人類は酸素療法を行っているのだろうか? 
JWのコメンテーターの「絶対に必要とされる患者以外に、酸素を投与してはならない」
とするとおりと思われる。
 

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

私の父が、心筋梗塞(右室梗塞)になったので、小型の酸素ボンベを購入したことがありました。
今もどこかに転がっている筈なんです。
火事になったら、爆発するかもしれません。
捜して廃棄処分します。

Posted by にゃんにゃん at 2018年01月05日 07:02 | 返信

長尾先生あけましておめでとうございます。初めてコメントさせていただきます。
2月11日に三重へいらしてくださることを知りました。私は他市在住のため当該市の社協さんに参加の可否をお尋ねしましたところ快く受け入れてくださいました。このような遠くの地でも先生のお話を聴けるチャンスは巡ってくるのだと嬉しく思い絶対に伺うつもりでおります。
私は癌発病以来24年になります。5年ごとに再発転移し、途中では大ピンチもありましたが「再発しても症状がなければ支障がないのだからいい状態を保ちながら生き方を考えていく。」という主治医の方針のもとに治療法を選択して生きています。ステージや余命の話は一度もしたことはなく、「普通の生活ができるだけ長く続けられるように」という思いを伝えつつ先生と医療の力に助けていただきながら今も少しは仕事もして普通に暮らせることは大変幸せだと感謝しています。
治療を選択しなければならなかった時や副作用が厳しかった時などに先生のご著書を繰り返し読ませていただき心の支えにさせていただきました。最近は歩き方が怪しくなってきましたので、また勉強させていただいております。
当日は会場で遠くからお目にかかることを楽しみにしております。三重の地へお気をつけていらしてください。どうぞよろしくお願いいたします。

Posted by coba at 2018年01月05日 10:37 | 返信

しかし世間は真逆で、なんでもかんでも酸素。
必要が無いのに付けて、金儲けしている人も。> 素人には判断ができないので
きちんと説明があるか・・・・・胃婁も医師から言われたら知識が無ければ
はいそうですかになります。
 星野さんが亡くなられました 化学薬学医療が進歩しても中々難しいもんですね。

Posted by 薬剤師 井澤康夫 at 2018年01月06日 09:42 | 返信

井澤先生。
胃ろうで儲ける、なかなか悲しいものですね。
二等親離れた身内でほんとうに思い知りました。

ところで男社会なんですか?
厳しそうですね。

酸素は女性にも必要と思います。

Posted by 不肖・吉田 at 2018年01月06日 07:52 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部