このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

呼吸器感染症の外科治療

2018年01月21日(日)

呼吸器外科の仕事といえば、大半が肺がんの手術であろう。
しかし呼吸器感染症に挑む外科医たちの勉強会に参加した。
呼吸器感染症で苦しむ人のQOL向上に執念を燃やす医師。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

呼吸器感染症といえば、肺結核以外に
・MAC症(非結核性抗酸菌症)
・アスペルギルス症
・気管支拡張症、などがある。

咳や痰、体重減少などで苦しむ人がいる。
もちろん薬で内科的治療をするが限界がある人が。

そんな人に肺の病巣を切除するという根治療法がある。
当院の患者さんも何人か受けた。

大阪呼吸器疾患研究会には、関西の呼吸器専門家が集結していた。
会長の阪大の奥村明之進教授は中学校の同級生というご縁もある。

外科医のほうが多いこの研究会。
胸腔鏡手術の画像を観ながら、いろんなことを考えさされた。

・日本の外科手術のレベルは世界一
・個別性を大切にする外科のスピリット
・こんなしんどい領域に一生をかける医師たちの執念・・・

外科医を、もっと大切にしないと。
これは国策として活かせて欲しい。

内科の研究会は、薬の宣伝ばかりで気持ち悪い。
しかし外科系の研究会はそれが無いので楽しい。






2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部