このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

がん終末期への高カロリー輸液と酸素は命を縮める

2018年02月24日(土)

今夜は、イタリア会館での第10回エピジェネテイック療法研究会に参加した。
日本のがん研究の最先端にいる2人の教授から1時間ずつレクチャーを受けた。
「がん終末期への高カロリー輸液と酸素は命を縮める」という持論が確信に変わった。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 


難しい勉強会も、たまにはいい。
アカデミアの最先端を要領良く学べる貴重な機会。

今夜のテーマは慶応大学の曽我教授による「がんと代謝」と国立がんセンターの
落合先生による「低分子化合物によるリプログラミング技術と再生医療」だった。

代表理事からは末期がん患者さんへのブチルフェニラート投与の
臨床成績を聞き、癌治療で困っている人の顔が沢山浮かんできた。

懇親会で講師と存分に議論できるのもクローズドの勉強会の長所。
なんと大学の同級生とも一緒になったので、昔話にも花が咲いた。

難しい理屈は書かないが「がん終末期への高カロリー輸液と酸素投与は命を縮める」
という持論が確信に変わった夜でもあった。


がん終末期への高カロリー輸液と酸素は命を縮める

これだけは覚えていて欲しい。

現在、病院にいる末期がん患者さんの多くが
高カロリー輸液と酸素吸入を受けているが・・・


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

マグロの美味しい食べどきは
ATPからイノシン酸に変わる時。
 
細胞内の遺伝子2万
 たんぱくは100万。
 
ヒラメとマグロではATPの産生法が異なる
ヒラメ=低酸素   
マグロ=酸素必要  酸化的リン酸化反応を利用してATPを産生
 
短距離走= 無酸素運動
長距離走= 有酸素運動 乳酸が蓄積して300mが限界となる、マグロと同じ
 
 
回虫は肛門から出て酸素をもらってATPを産生する
小腸は低酸素環境なので困る。

フマル酸呼吸=虫下し薬はフマル酸呼吸を阻害する。
私も40年前、長野県浪合村で駆虫薬を配っていた。
 
がん細胞は正常群の代謝経路が違う。
がん特異的代謝経路を利用した抗がん剤が開発されている
 
1931年O. Warburgの「ワールグルブ効果」はあまりにも有名。
ノーベル賞を受賞したが、後にPETが開発された。

正常細胞は36ATP産生
がん細胞は2ATP産生
 
癌組織のメタボローム解析では 解糖系の亢進がおきてくる
アミノ酸のみ変化なしで、その他は亢進している
 
アデノーマの段階でほとんどすべての代謝が亢進しているが
しかしステージが進行しても亢進には変化はない
セロトニンとグルコースは減る
 
大腸がんの遺伝子変異 ACPは78%、KRasは48%
Kras やp53は変化なし。遺伝子の変異だけで、代謝は変化しない
 
癌細胞ではミトコンドリアの膨純化が観察される
腺腫状態でもすでにミトコドリア異常が起きている
癌細胞は、オートファジー機能が低下している
 
がんはMYCの発現が高く、たくさんの代謝関連遺伝子を制御している。
Mycの制御下にあるピリミジン代謝経路が治療になり得る。
 

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

酸素と高カロリー輸液がいけないと言う 長尾先生の言葉は 今まで何度も読みました。 そうなんだろうと思うのですが 理由がよくわかりません。 私も肺がんで 在宅 診療を受けています。 かなり末期で、 医師には酸素があるからねと言われています。 胸水も 溜まっています。 酸素ががん細胞を元気づけてしまうのですか? 医師に酸素はいらないと断るためにも 理由を理解したいです。 素人にもわかる 説明をしていただきたいです。 忙しい先生にすみませんが、 そういう文章を書いていただけないでしょうか。

Posted by 本田 幸子 at 2018年02月25日 09:56 | 返信

高カロリー輸液は高濃度のブドウ糖を含む(ことが多い)ので、最近よく言われていることは、癌はブドウ糖をエサにして成長するのだという話です。
糖質制限派の医師のブログを読むと癌発生も(認知症も)糖質過多が原因の一つであるように書かれています。

Posted by 匿名 at 2018年02月26日 01:13 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部