このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

平成に逝ったスターたち

2019年01月05日(土)

夕刊フジの金曜日の連載記事は、年末年始なので2回に分けて
「平成に逝ったスターたち 一番心に残った人は誰?」で書いた。
ヤフーニューズの2番目に載っているので、紹介したい。→こちら

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

年末年始の2週に分けての掲載なのでとりあえずがんと非がんに
分けただけで、特に意図は無いので、くれぐれも誤解なきよう。

私自身は、大杉蓮さんの急死がとってもショックだった。
もし生きていたら「痛い在宅医」の主役をやってもらえたのに。

ちなみに「がん編」は→こちら

毎週金曜日に掲載された記事は、たいていヤフーニュースにアップされる。
毎週なのでいちいち紹介しないがその記事を読んで連絡してくれる知人も。

夕刊フジの「ニッポン臨終図鑑」も早いもので、約90本になる。

連載数が多いのでいちいちブログで紹介していないので
内容に興味のある人は、まとめ読み、をしてくださいね。→こちら

そのうち単行本になるかと思いまます。


私は日々、多くの死に接するので、患者さんから教えられることが多い。

しかし一般の人はそうはいかないので、個人情報が公開されている
有名人の闘病生活から生きる意味を考えて欲しいと願い書いている。

「生きる意味」と書いてしまったが、先日対談した池田清彦先生によると
「生きる意味など無い」のであろうが、それでも何かの参考にして欲しい。










2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

ページ冒頭にある写真:大原麗子さんは可愛い方ですね。平成に逝った昭和の大スターだと思います。
「少し愛して、なが~く愛して」というCM が印象的で、あのハスキーボイスと小悪魔的な可愛い顔が
好きでした。美人薄命です。
文末にあります「生きる意味」ですが、池田清彦先生の対談を聞いていないので、けして批判的な意味で
書く訳ではありませんが、生きる意味を探す旅が、= 人生 ということでしょうか。
「生かされている」という方が正しいとも思います。けれど、人間は考える葦なので「何故生きるのか」
を潜在的に考え、求めているような気がします。それが己の「信念」というものに到達するのでは
ないでしょうか。「何故生きるのか」それは、もしかしたら、死ねないからかも知れません。
何故生きるのか...生きていれば、いいこと(良いこと)があるからかも知れません。

Posted by もも at 2019年01月05日 09:57 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部