このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

薬袋がモッタイナイ

2010年12月04日(土)

インフルエンザワクチンだけを打ちに来られる人がいる。
当院が少し安いから!?
別の医院の薬袋を、私に見せながら、降圧剤はそちらでもらうと言われる。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 
そのボロボロになった薬袋には、お薬の名前と
処方された日が、小さな字でギッシリと書かれている。

お薬手帳を兼ねた薬袋。
まるで、町医者と患者の交換日記のようでもある。

当院もつい数年前まで、院内処方でこうしていた。
現在は、院外処方に甘んじている。

院内処方には、「3丁目の夕日」のようなロマンがある。
ボロボロの袋が、信頼関係を物語っている。

こうすることで、
・飲み忘れなどの無駄がない
・薬の処方数が少なくなる

第一、あんな小さな袋に、5種類以上の薬は入らない。

これでいいのだ。

院外処方には、いまだに、どこかで納得していない。
便利だが、無駄が多い。

また医師の診察料より、薬剤師さんの調剤料の方が
高い場合もある。
もちろん患者負担も多くなる。

院外処方は、もう元には帰れない。
薬学部も6年生になったばかりでもある。

そんな中、ボロボロの薬袋が、叫んでいる。

モッタイナイ・・・

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

私は(有床診療所であるのも理由ですが)まだ院内処方でやってます。
在庫抱える辛さはありますけど、別の診療所(院外処方)から当院に変わられた患者さんが、「こっちが安いですね~~~」とびっくりされることがあります。
少しでも安いほうがいいですよね。ただ院内処方では、薬の在庫を見極めながら購入しないといけないので、ジェネリックが置き難いです(不良在庫になりやすい)

Posted by べひん at 2010年12月04日 09:26 | 返信

最近知ったのですが、院内処方って赤字だそうですね。
先発薬の仕入れ値の平均は、消費税込で約96%。
薬品管理関係の経費を考えれば薬を出せば赤字経営。
 一方、院外処方は医師の処方箋料68点のみですね。
しかし、患者にとっては院外処方は高い。
院外薬局にいくだけで400円、お薬一種類について100円ずつ取られ、頓服料やらなんとかで数十円、それに薬代。
院内処方と比較して最低400円は高くなります。(3割負担の場合)
実際は単なる風邪でも3~4種類の薬に1つでも後発品を処方すると
後発品処方料が数十円ちょっとかかります。
・・・それでも、先発品しか出さずに院内処方をされている診療所が勤務先の目の前に
あるんで、仕事中こっそり通院しています。(企業努力でしょうか?)
 それと、最近はドラッグストアに薬剤師がいなくて困ります。「登録販売師」では
「毛生え薬」や「制酸薬 H2ブロッカー」が買えないのですよ!
 こまったもんだ、、、、

Posted by kawasaki at 2010年12月04日 12:52 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会