このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

被災地の感染症対策

2011年07月08日(金)

被災地の感染症対策について、木村盛世さんが提言されている。
ノロや、ロタや、ツツガムシ病・・・
ハネムーン期を過ぎたこれからが本番なのだ。以下、MRICから、転載させて頂く。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

*****************************************************************************

被災地の感染症対策

 

木村盛世

 

201178日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

---------------------------------------------------------------------

2011311日に発生した、巨大大地震は、3カ月が経過した今でも、大きな後遺症を残している。仮設住宅28千戸が完成したものの、避難者数は、9万人、不明者約8千人、といった状況である。

このような状況が続く中で、感染症対策は大きく立ち遅れている分野の一つである。

 

何故、感染症対策が問題になるかと言えば、大きく分けて2つある。

一つには、衛生状態が決して良いとはいえない、避難所生活を続けることにより、肺炎や、下痢性疾患などが流行することである。

もう一つは、予防接種の不徹底により、ワクチン予防可能疾患(Vaccine Preventable Diseases)の蔓延が起こり、子供たちが、当該疾患で死亡したり、重篤な後遺症に、生涯苦しめられ、可能性が生じる。

 

まず、避難生活を営む人たちの中で、今後注意をすべきであろう感染症について、論じてみる。

 

まず、重要なのは、急性胃腸炎である。急性胃腸炎の原因としては、種種のウイルスや細菌がある。まず、流行が懸念されているのが、ウイルス性の腸炎であり、代表的なものは、ノロウイルスやロタウイルスによるものだ。これらのウイルスは、感染力が強く、少量のウイルスで感染すると考えられている。感染経路は、主に不適切なし尿による、糞口感染である。予防のためには、し尿や、吐物の適切な処理、手洗い、汚染された衣類を捨てる、などがある。

 

ノロウイルスやロタウイルス性腸炎は、震災初期の、衛生状態が悪い中で、もっとも流行が懸念されたものであるが、震災から3カ月が経過した現在でも、流行が報告されている。

http://www.kaiteki-kadenlife.com/virus/virus_002/205450.html

 

実際、被災地といっても、既に仮設住宅が整っている場所もあれば、未だに、上下水道の整備されていない、避難所が乱立する地域もあり、その差による、感染症発生率の違いが、今後、もっと顕著になってゆくであろう。

 

ウイルス性腸炎に加えて、梅雨を迎えたこれから、病原性大腸菌やサルモネラ菌による食中毒も多くなってくる。特に、衛生状態の悪い避難所生活を続けている人たちの間での流行は、もっとも懸念されるところである。

感染症の問題は、人間間だけにとどまらない。家畜や、ペットなどの死骸が放置されている地区では、ハエや蚊が多量発生している。本来動物に寄生する病原体が、ハエや蚊、場合によってはゴキブリ、ネズミ等を介して、人にうつることがある。

こうした病気を、「動物由来感染症」と呼ぶが、コレラ、チフスなど、かつて日本で流行を起こした感染症が、猛威を振るわないとは限らない。

 

また、昆虫を媒介とした、「ツツガムシ病」も流行のおそれがある。ツツガムシ病は、リケッチアであるツツガムシに刺されて感染する。熱が出て死亡する例もある。3月に、福島でツツガムシ病が報告されており、これから夏に向かう季節には、増えることが予想される。

 

今まで述べた感染症は、被災地のどこで、どの程度の規模で起こっているのか、正確に把握できていないのが、実情である。

その、大きな理由としては、被災地の他の問題が多すぎて、こうした、感染症にだけ、注意をむけられない、という被災地の現状があるからだ。

 

被災地の医療活動は、感染症も含めて、DMATFETPや医療ボランティアの活動に支えられてきた。災害が起こった12カ月は、ボランティアも多く入り、物資も届く。メディアも関心を持って、取り上げ、被災者も、周りの助力に関して、感謝の念を抱く。所謂、「ハネムーン期」と呼ばれる時期である。

しかし、3カ月が過ぎた今、メディアの関心も薄くなり、ボランティアも自分たちの本来の仕事に帰ってゆくようになった。インフラが速やかに回復した地域と、そうでないところの格差感が広がっている。

 

整備が立ち遅れたところからは、以上述べたような感染症のリスクが高い。こうした地域への、専門家派遣などの重要性は、多くの人が指摘するところである。それはもちろん大切であるが、我が国に多くの人材がいるか、といわれれば、そうではない。

 

被災地の行政は、疲弊している。それは、彼らたち自身も、被災者であるからだ。震災後に、避難所のトイレが、し尿であふれ返っている状況を見かねた医療者が、地方自治体に改善を求めたところ、「し尿の衛生管理は保健所(厚生労働省)だが、処理施設自体は、国土交通省の管轄であり、環境省にも連絡しなければ、動けない」趣旨の事をいわれ、大変困ったという、話を聞いた。

縦割り行政の弊害、といってしまえばそれまでであるが、し尿であふれ返ったトイレを放置すれば、感染症が広がることは明らかである。そして、それを処理するための枠組みがややこしすぎるために、現場も、地方行政も、要らぬ労力を使うはめになる。

 

国が、平常時のような、法の枠組みを順守することに固執せず、地方行政と、被災地の現場が、動きやすくするための、「規制緩和」を速やかに、実行することが、最も求められることである。これは、震災に限らず、どんな危機においても、当てはまる。

 

次に、第二の問題である、「ワクチン」である。私は、この問題を、最も重要視し、かつ、国として早急にとりくまなければならない、と思っている。

 

ワクチンには、必ず副反応がともなう。稀ではあるが、重篤な副反応により、命を失うこともある。しかし、その危険性を差し引いても、国民あるいは世界全体というマスと、当該疾患から守るという、利益が上回るときに導入されるものである。

これは、正に、公衆衛生(Public Health)の概念そのものである。

 

日本は、諸外国に比べて、ワクチン対策に置いて大きく後れを取っている。このことは、我が国の公衆衛生行政が立ち遅れていることを、明確に示している。

 

WHOが勧告しているワクチンの中で、我が国が未だに導入していないものは多い。その中には、接種しないことによって、子供の命が失われる危険性があるものが多い。例えば、細菌性髄膜炎(Hib)、B型肝炎、肺炎球菌、ロタウイルス性下痢症、である。また、接種によって、実際の病気が引き起こされることが明らかになって、他国が取りやめている、ポリオ経口生ワクチン(OPV)を、未だに使い続けている、珍しい国でもある。

 

また、導入しているワクチンも、「任意接種」という、「打っても打たなくても良い」といった印象を与えかねない、名のもとに、接種率が上がっていない、重要なワクチンもある。Hibや、小児用肺炎球菌ワクチンが、この代表格であろう。

 

このように、平時においてもいい加減なワクチン政策が、震災によって、より、悲惨な状況になっている。それは、必要なワクチンスケジュールを管理する、行政窓口が立ち行かなくなったり、被災により、ワクチンを打つ医師がいなくなったり、あるいは、ワクチンそのものが無くなってしまった、などの理由からである。

 

平時と違う状況としては、建物の倒壊や、瓦礫などによってけがをし、汚れた傷から、破傷風が生じる、という例があげられる。幼少時にワクチン(DPT)を打っていれば、免疫が数年持続する、と言われているが、震災によってこれが接種できない場合、あるいは、決められた回数打てない、といった場合には、感染する危険性が高まる可能性がある。また、けがによって感染する疾患として、B型肝炎があげられる。B型肝炎は血液を介してうつり、諸外国では、出生とほぼ同時に打つことが、ルチンになっている。しかし、我が国では、公費化されておらず(ワクチン行政の一部に組み込まれていない)、今後、将来にわたって、どの程度B型肝炎が発症するかは、未だ不明である。調査が行われる、という話もきかない。

 

このような、「けが」などの震災前期に多く起こる病態に加え、これから、長期的に考えてゆかなければならない疾患がある。それらは、麻疹(はしか)、細菌性髄膜炎、肺炎球菌と言った、重篤な疾患である。

いずれも、小児において、重要な病気である。それは、罹った場合、命をおとしたり、重篤な後遺症を残すことがあるからだ。被災により、体力が低下した子供たちに、今後広がる可能性が指摘されている病気である。

 

幸いにも、効果的なワクチンがあり、VPD(Vaccine Preventable Diseases:ワクチンで予防可能な疾患)の代表であるが、「幸い」という文言が、日本にはあてはまらない、のは、前述したとおりである。

 

また、もうひとつの懸念は、「日本脳炎」の流行である。日本脳炎は、豚から、コガタアカイエカという蚊を媒介して、人間に感染する。日本脳炎ウイルスは、ほとんどの場合、人間に感染しても、無症状ですむが、約1/100 から1/1000の確率で、脳炎を発症する。その場合の致死率は20から40%と高率である。

 

これまでは、コガタアカイエカが生息する、南や西日本地帯が危険だとされてきたが、病気を媒介する、コガタアカイエカの分布が、北上している傾向があり、今後被災地でも、起こる可能性はある。

http://idsc.nih.go.jp/disease/JEncephalitis/QAJE02/fig02.gif

 

日本脳炎は、ワクチン接種で予防できる感染症の一つである。しかし、2005530日の、厚生労働省による、日本脳炎ワクチン積極的勧奨の差し控え以降、36歳での日本脳炎ワクチンの接種率が減っている。現在では、徐々に回復していると推測されるが、未だ100%接種をのぞむのは無理だろう。

 http://idsc.nih.go.jp/disease/JEncephalitis/QAJE02/fig04.gif

 

繰り返すが、我が国の公衆衛生のインフラ整備は立ち遅れている。それが、ワクチン政策に如実に表れている。

 

現在、被災地には、UNICEFが入って、活動をしている。半世紀ぶりの日本への支援である。その活動は、以下のサイトに紹介されている。

http://www.unicef.or.jp/osirase/back2011/1103_09.htm

 

「被災地の復興は、ボランティアの活動なしにはあり得ない」というのは、誰もが実感するところであろうが、日本は、GO(ボランティアとはよばないかもしれないが)、NGO問わず、外部からの支援を効率的に活用することが、あまり上手くないのではなかろうか。

特に、海外のNPO受け入れについては、もう少し、効率的に行ってもよいのではないか、というのが個人的な感想である。言葉の障壁は、我が国にとって大きな問題であるが、それ以前の問題として、政府や地方自治体が、こうした「助けの手」を、なかなか受け入れられない、「文化」のようなもの、が存在しているのではないか、と感じている。

 

繰り返すが、被災地における「感染症対策」は、十分ではない。しかし、それが表立ってこないのは、被災地の状況があまりに酷過ぎて、隠れてしまっているからである。

感染症対策の中で、最も重要なのは、衛生状態悪化による感染症の流行と、ワクチン政策不備による、子供たちの重篤な感染症罹患である。特に後者は、「次世代を担う世代を守る」、という国の根本的責任そのものだ。被災地の感染症対策を、みて見ぬふりをせず、国の最重要課題として取り組むよう、希望する。

 

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

阪神の時もそうでした。
ある時からマスコミもいなくなり、ボランティアも少なくなりました。
復興なんて程遠いのに・・・。
暑い夏・・・死を選ぶ人が増えないことを祈ります

Posted by きみきみ at 2011年07月09日 11:29 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部