このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

居場所の無い老人を作るのは家族

2012年12月13日(木)

数日前。在宅療養をしていた患者さんが家族の希望で社会的入院をした。
当然、寝たきりのボケボケになったが、その次の行き場所に困っている。
結局、最後に辿りつくのは、「お泊りデイ」だ。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 
ひとつの部屋に、何人かが寝ている。
深夜だが、みんな目を開けている。
みんな虚ろな目。

入院前にはしっかりしていたが、
もはや私のことも分からない。
急激な認知症の進行に驚く。

やはり、入院したら終わりだ。

泊まり番の年配の方(ヘルパー?)が1名。
40年前の懐メロが部屋中に、流れている。
なんだか異次元の空間に迷い込んだ錯覚。

次の行き先を探すまでの、お泊りデイ。
昼間は、介護保険でのデイサービス。
夜は、100~5000円での介護保険外でのお泊り。

特養には入れない。
グループホームに入るには、全身状態が悪すぎる。
20万円の負担ができないという。

考えてみれば、20万円でも安いのではないか。
本人の年金が10万円ある。
貯金もある。

犬猫でも、1泊1万円はかかる。
医療費と合わせて、40万円はかかる。
人間には、犬猫の半分もかけたくない。

子供は、同居は絶対イヤ。
親を一人にするのも絶対イヤ。
お金がかかるところも、絶対イヤ。

結局、ケアマネに丸投げ。
ケアマネは、タダのような報酬で1ケ月、走り回る。
家族はそれが当たり前だと思っている。

本人は、入院したくなかった。
今も、自宅に帰りたい。

家族さえいなければ、充分家に帰れる。
しかし家族は、絶対イヤだという。

結局は、ないないねだり。

ああ、家族さえいなければ、この患者さんは
住みなれた自宅で、最期まで笑って過ごせるのに・・・

穏やかな最期を拒むものは、家族である。

この世のどの施設にも、居場所の無い老人を作るのは家族。

その確信が深まった。

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

77歳 家に私の居場所はありません。好むこのまざるにかかわらず自室に追いやられる。
全く同感です。

Posted by 松本 潔 at 2018年07月28日 01:45 | 返信

家族さえいなければ、充分家に帰れる。のであれば、家に帰れば良いですよ、ね。
なぜ家に帰らないのですか?
自分の家ですよね。帰る権利がある。住む権利がある。
同居家族が帰ってこないでくれ、というなら、同居家族がその家を出れば良いのです。
はっきりしていることは、
自分の家であれば、本人が住む権利があります。
ただし、自分の家に住むたい、同時に、「家族」に同居せよ、同居して自分を直接介護せよ、という権利はありません。
家族には直接介護する義務はありません。

   ああ、家族さえいなければ、この患者さんは
   住みなれた自宅で、最期まで笑って過ごせるのに・・・
   穏やかな最期を拒むものは、家族である。
という認識は、家族に介護を押し付けて来た医療専門家の愚かさ。
家族が本人の穏やかな最期を阻んでいるのではありません。
「病人や老人や障害者が自宅で暮らす」イコール「家族が直接介護をするのが前提」という「常識」が犯人です。

「病人や老人や障害者が自宅で『一人で』暮らす」ことが当たり前にできない社会に問題があるのです。

Posted by 匿名 at 2018年07月31日 02:36 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部