このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

タイ紀行(その10)在宅患者さんを訪問

2016年02月19日(金)

タイの田舎村にも在宅療養している人がいる。
そこには在宅医療も介護保険も無いが、工夫して生活している。
村人たちの家を訪問した。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 



丸ちゃんもバイクのサイドカーに乗る。



この人は、高血圧と糖尿病で脳梗塞後。
混合型インスリンを朝と夕に打っている。

30バーツ(100円)医療でもインスリン、バイアスピリン、
アムロジンなどは処方されていた。








在宅患者さんはみなさん、屋根のある縁側にいる。



村の道。




タイシルクを織るLGBTの人。



シルクは蚕さんからとる。



タイシルクをかいでみる。




これから、こんな綺麗な布ができあがる。




死んでいるのではない。
犬はみんなダラーと寝ている。




この方も高血圧と糖尿病で歩けなくなった、と。
このパターンがやたら多かった。



お坊さんも近くにいる。
日本のお坊さんは、ホスピスではなくビハーラのみ。




元気な高齢者は働いている。
この人は薪を割っていた。




この人は一見してかかり重症だ。
心不全で起座呼吸になり、口はヘルペスに冒されている。

余命数日かと思ったが、そんなことは言えない。
家族は、「高くてもいいから、治る薬が欲しい」と。



家族は必死の介護の果て、やや諦めムード。
「看取りは誰がするの?」と聞きたかったが、ここでは聞けなかった。

丸ちゃんのタッチセラピー。
患者さんは喜んでいた。





今日は、ここまでにします。


クリック数、徐々に上がってきた。
5000ポントまで、あと2倍。

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

寄せる思いに言葉はいらないのでしょうね..。丸尾さんと、おばあちゃんのツーショットは
とてもいい写真ですね。それから、どの写真を見てもタイの第一僧侶の御尊顔は素晴らしく
素敵でいらっしゃいますね。オーラとかの単語では足りない程の慈悲深いお顔に魅せられます。
そしてタイシルクがとても綺麗で素晴らしい!

Posted by もも at 2016年02月20日 06:53 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部