このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

キプロス紀行(その1)

2017年03月30日(木)

キプロスから帰って以来、忙しい毎日が続き写真を整理する暇も無い。
まだ「そこまで言って委員会」のビデオさえも観ていなのだが感動が
薄れないうちに、ボチボチ写真を拾っておく。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

会場となったリマソルのホテルの前で、ハート型の木を発見。
ちなみに、5日間の滞在でホテルの外で、日本人とは誰ひとり一度も会わなかった。
20170330020323.jpgコロシアムはもの凄いスケールだ。
写真ではちょと分かりにくいかも。

20170330005543.jpg
その上には、様々なお風呂の跡がある。

20170330013206.jpg
 
そのひとつ。
ギリシャ人は風呂好きだった。

20170330005631.jpg
床の綺麗な模様。

20170330005922.jpg
巨大な岩のうえに人がいる。
キプロス島の海岸線の7割くらいを回ったが、実に多様な地形である。
20170330020622.jpg
ビーナス誕生の海岸。
実際は凄いスケール。

20170330005718.jpg
夕暮れ時のパフォス城。
こんなお城があちこちにある。

20170330013537.jpg
リマソール港の夕暮れと猫。
キプロスはネコ天国。

20170330013716.jpg
20170330013830.jpg
キプロスで一番高いトロゾス山にはまだ雪が残っている。
スキーゲレンデもある。

20170330013951.jpg山の麓のシブい村。
ここの横にある超シブいホテルのオーナーと仲良くなった。

20170330014126.jpgキプロスはワインも有名。
途中のワイナリーで2本購入。


今、左を飲みながらこれを書いている。

20170330014335.jpgレセプションは夜9時から開始。
世界中から集まっていて壮観だ。

20170330014753.jpg南キプロス(ギリシャ)と北キプロス(トルコ)は、首都ニコシアを共有している。
ここ、ニコシアの中心部にあるギリシャ国境を超えてトルコ側に潜入(?)。

20170330015020.jpg
トルコに入るとトルコ軍が射撃訓練をしていて、写真撮影も車外に出るのも禁止でとても緊張する。
キプロスで2番目に高いお城の頂上にはお城があり、窓から街と海が見えるが、対岸がトルコ本土。

20170330015315.jpgキプロス島の北東の知床半島のような長い半島の先端まで来ると、もう人は居ない。
ここまで来た日本人はまず居ないのでは。
20170330015627.jpg
遅いランチを食べようとしたその瞬間に日本のサ高住からの携帯電話が鳴った。
救急車を呼んだら警察が来て大騒ぎになっているとのことで、現実に引き戻された。トホホ・・・

20170330015858.jpg
続きは、また。

トルコ側は実に緊張する。
次回はトルコ側を中心に。


2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

キプロス紀行(その1) ・・・・・・・ を拝見して

多忙な日々の中、時間を作って “キプロス紀行”
を開始してくれたことを嬉しく思っています。
キプロス島滞在5日間で、日本人に一人も遭遇し
なかったとのこと。 世界中どこに行っても日本人
に出会わないところはない! と思っていたので、
キプロス島が日本人観光の空白地帯であることに
びっくりしています。
そういうことならば、あまりレポートのないであ
ろう、今回の “キプロス紀行” は、大変貴重なも
のになることと思います。 大いに期待したいと
思います。

今回の “キプロス紀行(その1)” の写真も、1枚
1枚、何に感動してその写真を撮ったのか? 何を
伝えたくてシャッターを切ったのか? が、が良く
分かる上質な写真が並んでいますね。
ほかの写真を拝見出来るのも、楽しみです。
よろしくお願いいたします。

Posted by 小林 文夫 at 2017年03月30日 08:21 | 返信

日本人とは誰一人として出会わなかった旅。スケールの大きい土地。神秘的な自然。
正に命の洗濯ですね。世界中の人々が一堂に会する、人類・福祉を思う会議に相応しい設定
と思いました。人を思いやるには、まずは自分が身を置く環境から、と思うのが持論ですが
自然や平和を享受している幸せを感じる写真でした。
・・・・・
コロシアムはもの凄いスケール
その上には、様々なお風呂の跡
ギリシャ人は風呂好きだった。
・・・・・
写真を一目見て直ぐに、映画「テルマエ・ロマエ」が思い浮かびました。
楽しく笑える映画なので、詳しいバックグラウンドまでは知らないですが
瓜二つな風景です。
" ビーナス誕生の海岸 " は素敵です。正に神秘的な景色です。
そこに佇むことができたなら、きっと心が洗われて生まれ変わった気持ちに
なれそうな、そんな風に思いました。
いつも珍しい景色、お土産話をありがとうございます。

Posted by もも at 2017年03月30日 09:37 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部