このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

在宅医療の原点 永井友二郎先生の言葉

2017年05月20日(土)

在宅医療の先駆者である永井友二郎先生が亡くなられた。
その永井先生が残された言葉を、今こそ、かみしめたい。
医療の原点やどの方向に進めばいいのか分かる気がする。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

以下、鹿児島の中野先生が管理するMLからの転載。
えにしの会を主催される大熊由紀子さんの書き込み。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


5月8日、98歳で旅立たれた、日本の在宅医療のパイオニア
永井友二郎先生のご遺族から届いたお手紙、独り占めするのは、
あまりにもったいないので
「えにし」のHP http://www.yuki-enishi.com/
「ホスピスケアの部屋」
http://www.yuki-enishi.com/hospice/hospice-00.html
のトップに
「日本の家庭医の父、永井友二郎先生、98歳、やすらかな最期の日々」
というタイトルでアップさせていただきました。
1985年、「身近に頼れる家庭医を」
http://www.yuki-enishi.com/medical/medical-13.pdf
という社説を書いたとき
「頼れる家庭医」のモデルは、永井先生でした。
 
P.S.筆まめだった永井先生いただいたメールを見直していたら、
2015年の暮れの以下のメールを見つけましたので、
こちらもお裾分けさせていただきますね。
 
        ―――*★*―――*

8年前、ゆき様の縁結びで、辻哲夫さんに次官室に招待されてお話したように、
また、辻さんがお考えのように、これからの日本の医療は、
かかりつけ医の在宅医療を柱として進めることが大事だと思っています。
医学の切り売りでなく、病人の身になっての医療が中心でなくてはいけないと思います。
 
 1、同じ町に住み、かかりつけ医として家族全員の診療、相談をつづける。
 2、いつも、時間外でも、深夜でも、診療し、往診する
 3、対話や相談にはいつも時間を惜しまない。どんな質問にも、納得がいくまでこ
   たえる。
 4、よい診診、病診連携がある。
 
 以上のことは、大学病院や多くの病院の医師たちの、決まった時間だけの、また 
日によって人がかわる診療とは本質的に違います。

 私は以前、日本医事新報、4218号、平成17年2月号に「往診の途中で死んだ
二人の医者」という小文をかきましたが、すべての町医者はいつもこの命がけの診療
をしており、死んだのはこの二人だけでないと思います。
 
 以上のことは、この日本の町医者の医療こそが医療の本道であり、病人の求める医
療であることを示していると思いまます。
 それで、このことを、辻哲夫さんにお話しし、このかかりつけ医の在宅医療にたい
し、十分な「在宅医療基本料」を新設することを提言しました。
 
これに対し、辻さんは大変いい提言であり、各方面と議論を十分進めたいと、いって
くださいました。
 
 また、日本医師会の横倉会長も、だいじな提言に感謝します。担当理事にとりくま
せます。といってくれました。
 
 以上のなりゆきを今日、訪ねて見えた、朝日新聞の林敦彦さんにお話ししました。
 わたくしとしては、国としてやればできることで、、日本のよい医療を着実にそだ
 てられるとかんがえています。まのままでは、献身的な町医者、医療の良風はつかれてしま
 うとおもっています。 こんな話を林さんにしました。
 
 日頃のご無沙汰、おわびいたし、ご報告します。 
 どうぞお元気でご活躍下さいますよう。
 
        ―――*★*―――*


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

以下、そのMLへの長尾の書きこみ。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

大熊由紀子さま
 
深く心に沁みてくる永井先生のお言葉をご紹介頂き感謝いたします。
すごい勢いで進化する医療の中で忘れ去られようとする医の原点を
思い出させてくれる、平易だけど行うは難い医の本質だと思います。
 
村上先生もそして旅立たれた先人、偉人達も同じ想いであったことでしょう。
そしてこのMLに参加されている多くのドクターも同じ想いだと想像します。
私も開業以来、同じ想いで歩んできました。
 
家庭医、かかりつけ医、総合医、総合診療専門医など言葉はたくさんあれど
それらの本質は永井先生の言葉の中にすべてあるものでしょう。
現在50歳以上の開業医は、自然とその言葉の意味が分かる境地にあるはず。
 
しかし現代は専門医の時代なので、若き家庭医志望ドクターが可哀そうです。
複雑すぎて分からなくなった専門医制度に翻弄されているようにも見えます。
私は「家庭医科」とか「町医者科」という標榜科目があればいいのにと思います。
 
幸い日本医師会が「かかりつけ医」を推進していますが、
これが多くの市民に受け入れられることを期待しています。
これがいかに楽しい仕事であるのかを若きドクターに伝えることも私達の役割。
 
ただ一点だけ気になるのは、「深夜」の対応です。
私は深夜はできるだけ寝た方がいいと思います。
ある年齢になれば夜はしっかり寝たほうがいい。
 
もちろん体力抜群で短眠OKのつわものなら可能でしょうが、
多くの現代の医者にはこれがたいへんなので、在宅医療推進
の阻害因子になっていると私は思います。
 
深夜帯は地域密着型の病院や、医師会運営の夜間診療所に詰めている医師が
病室に行くのと同様に患者さんの自宅に行く制度のほうが合理的だと考えます。
余先生のお招きで台湾の嘉儀に行った時、そこはそのようなスステムでした。
 
永井先生の言葉を噛みしめながら、現代流にアレンジすることも必要ではないか。
そのような感慨を持ちましたので、つい長々と書き込んでしまいました。
ありがとうございました。
 
長尾和宏
 

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部