このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

週刊ダイヤモンドも薬の特集 薬が薬を呼ぶヘンな医療

2017年06月16日(金)

週刊ダイヤモンドも薬の特集を組み、私のコメントも掲載されている。→こちら
実に多くのメデイアが多剤投与の問題に関心を寄せている。
薬が薬を呼び、「処方カスケード」が形成されているのだ。→こちら
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

この記事はネットでも配信されている。→こちら


今回、「薬が薬を呼んだ」結果、「処方カスケード」を
形成している事例が多いことを知って欲しい。

いつからなんだろう。

医療=薬、になったのは。

医療=養生、ではないのか。


大学時代からずっと思い、活動してきたことが今やっと注目されてきた。
尊厳死も薬も40年間、取り組んでいる。


「薬のやめどき」という言葉も、書籍の刊行で少しずつ知られるようになった。

そんな中ではあるが、抗認知症薬の薬害は放置されたままなのが情けない。
医学会は動かないので、マスコミがまだまだメスが入るはずだ。

8月20日(日)に仲間である石黒医師が品川で講演する。→こちら
全面的にバックアップしたいし、多くの市民に来て欲しい。



2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

最近思うに
病気とか医療とか治療とか
根本は生き方であり生活であり哲学なのではないかと。
日本人は経済発展、収入増加、便利さ追及、目前の利益と時間短縮・効率追求、に
追われて、効率的な生活がカッコいいと勘違いしている、
というか、勘違いするように洗脳されている。
何によって? 資本によって。資本主義が発展し続けないと困る人々によって洗脳されている。
発達し過ぎて伸びしろが無い資本主義の最期の砦が、医療産業。

添加物だらけの食事と30秒を争って満員電車に押し入るような生活のツケを、
「医者に行けばよくなる」
「お薬を飲んで明日も元気に出勤しましょう」
これが日本人。

Posted by 匿名 at 2017年06月17日 02:54 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部