このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

麻央さん、ありがとう!

2017年06月24日(土)

今日は日本中が泣いた日。
海老蔵さんの会見に感情移入してしまった。
麻央さん、ありがとう!としか言えない日。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

その日は近い、と誰もが思っていた。
でも奇跡が起きるかもしれない、とも思っていたはず。

果たして、その日が本当に来てしまった。
分かっていても、日本中の人が泣いたはず。

なんで、こんなにショックなんやろ。

美人であることもあるが性格と年齢にあるのではないか。
あれほど前向きなメッセージを出して逝った人はいない。

ただただ、ご冥福をお祈り申し上げる。


何事も無かったのように、世間は流れていく。
テレビではお笑い生番組でみんな笑っている。

でも、麻央さんはもういない。

34歳。

自分が34歳の時は、市民病院で毎日、本当に忙しく無我夢中で働いていた。
来る日も来る日もハードな日々で、その時過労死していたら悔いが残ったかも。

私は34歳からプラス25年間も生きたので、充分生きたとも言えるだろう。
人生は長い、短いではないと分かっていても、短いとやはり悲しみが大きい。

私も20、30、40歳代のお看取りがたまにあるが、切ない気持になる。
今日は、麻央さんと全く同じような経過を辿った女性3人を想い出してた。


今日はメルマガの発行日なので、急遽、麻央さんの追悼記事を追加した。
メルマガにはこのブログには到底書けないことを、たくさん書いている。

今なら過去分も無料で読めるので、興味のある人は申し込んで欲しい。→こちら


なんともいえない虚無感に包まれた1日。

明日は神戸と東京。
また頑張ろう。

勇気と元気を与えてくれた麻央さん、ありがとう!








2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

麻央さん、ありがとう! ・・・・・・ を読んで


小林麻央さんのブログ: “ KOKORO ” ・・・・・

こんな日がすぐに来てしまいそうな不安 ・・・・・・
と、ご主人、お母さん、お姉さん、ご友人、
そしてお二人のお子さんの溢れるような “愛”
に囲まれて、“もしかしたら ・・・・・、奇跡が起
こるのでは?!” と、毎号ドキドキしながら
読ませて戴いていました。

普通なら知ることの出来ない、心の葛藤や
不安、身体の痛みや不調、そして普通なら
隠したくなるような写真の掲載 ・・・・・・、
本当に麻央さんは強い人と思います。

このブログから、在宅医療の現実〔 ※ 特別
に恵まれた環境・状況とは思いますが ・・・・ 〕
がちょっとだけ分かったような気がしてい
ます。

子どもさんたちとの濃密な触れ合いと衰え
て行く姿を見せることが出来たこと ・・・・・・、
そして何よりも、最後の最後にご主人に
『愛してる!』 と伝えることが出来たこと
・・・・・・・ は、 “在宅医療” に切り替えたから
こそ! と思います。

麻央さんのご冥福を、心よりお祈りしてい
ます。 ありがとう! 小林麻央さん!!

Posted by 小林 文夫 at 2017年06月24日 08:52 | 返信

長尾先生のまぐまぐ(メルマガ)の発刊日の昨日(金曜日)。今や遅しとお待ちしていましたが、なかなか発刊されません。
『きっと麻央さんのことをお書きになっていらっしゃるのだろうな』
と想像しておりましたら、夜遅くにやっと発刊され、そして・・・。

・・・本当にこちらの記事とは違う切り込み方で文章を書いていらっしゃるのですね!!。
今更ですが、『さすがだな…』と深く思いました。
麻央さん、本当にありがとうございました・・・。
そして、海老蔵さんはじめご家族の皆様の力なくして、あの麻央さんのブログもなかったのでは、と思いました。

私は、今回のことを通して、残された「遺族」について、今後クローズアップされていくのではないか、そうでないといけないのではないか、忘れて終わり、にしちゃいけないんじゃないか、と思っています。

2人に1人が癌になる時代。身近な人を亡くしたご主人、ご両親はのみならず、4歳と5歳の幼い姉弟、お姉さん、が、気持ちを吐露できる場、共有して共感できる場、の存在が必要なんだろうな。
そして全国にそういう人がたくさんいるんじゃないかな、、、海老蔵さんが中心になってくれたら・・・などと思ってしまっています。。。

Posted by ゆま at 2017年06月24日 10:51 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部