このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

「介護訴訟の傾向と対策」

2017年08月22日(火)

今夜の「尼から連携の会」では「介護訴訟の傾向と対策」で講演。
このテーマで講演することは初めてであるが、最近の事例数例と
阪神間の80の介護事業所へのアンケート結果について解説した。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

当院の3階会議室が阪神間のケアマネさん50人で一杯になった。

その前の講演は、粟野ケアマネによる「傾聴講座」であった。
粟野さんはこの夏、戦争体験者への傾聴で頑張っておられた。

私は、増加するか介護訴訟とその対策について75分講演した。
イヤなことであるが、大切なテーマだと思った。

・転倒・骨折、低栄養、誤嚥性肺炎がらみの訴訟が増えて、負けている。
・これらは逆らえない場合が多いことを啓発することもケアマネの仕事。
・丁寧なコミュニケーションや信頼関係構築に加えて記録が大切である。
・そのためには、家族の訴えの「傾聴」も大切。
・介護現場、在宅現場でのリスク管理を意識すること。
・ケア会議でACPをしっかりやっておくと「訴訟の予防」になる。
・医療との連携が大切でヘルパーたちを守ることもケアマネの仕事、などなど。

リアルで具体的な話をした。
各現場で活かして欲しい。

医療訴訟の増加が、一部では医療崩壊を招いたように
介護訴訟の増加が、介護崩壊を招かないか心配である。

今日の内容は、来年あたり在宅系の学会で発表したい。
ケアマネさんとともに、、介護崩壊を防ぎたいわけだ。


「尼から連携の会」と「国立かいご学院」の2本を、交互に毎月やっている。
院内でやっているので、講演直前まで外来診療ができるので気分が楽である。

懇親会の終わり頃、お看取りの電話が。
5年間診た人が穏やかに逝かれたのだ。

死亡診断書をか書いていると、咋年のお花見で私と撮った写真が。
笑顔のその写真を遺影に飾ると聞き、お花見をしてよかった、と。

次の「尼から連携の会」は、10月24日(火)
「国立かいご学院」は、9月26日(火)だ。




2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

医療訴訟が増えても医療産業は崩壊しないが
介護訴訟が増える以前に日本の介護体制は崩壊します。
現時点ですでに介護職員不足は顕著。老健特養はいざ知らず私企業が運営している介護施設では、いかにして介護職員を定着させるか、いかにして派遣ではなく自前の(直接介護の)介護職員を雇うか、が最大の悩み事。
国は海外日本語学校で介護職就職を視野に入れて日本語教育をするのだとか。
外国人介護ヘルパーを入れると現場はますます混乱すると思います。
日本人であっても、職業としても家族としても介護経験のない人が、研修さえ受けずに現場に雇用されているのです。
事務作業だけならまだしも、介護現場に「無資格・未経験 可」という求人が目立つ有様。そこに外国人投入???

死ぬまで、自分で自分の世話をするのです。それしか、ナイ、と思います。

Posted by 匿名 at 2017年08月24日 02:33 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部