このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

完食したあとの老衰死

2017年09月19日(火)

老衰というと徐々に食べられなくなってから平穏死するというイメージか。
しかし最期の食事を完食してから平穏死する人も、非常に稀だがいるのだ。
100歳近い老衰でも準ピンピンコロリが可能であることを教えてくれた。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

前日までは、衰弱するもまづまづの状態であった。
15年間も在宅医療で診ているのでそれは分かる。

前日から少しゼコゼコ言いだしたので、肺炎もあったのか。
それでも直前の食事を完全に食べてから静かに旅立たれた。

駆けつけた子供たちは、息が徐々に弱っていくのをビデオに録画していた。
台風の影響もあり、2時間後に到着した私に旅立ちの様子を見せてくれた。

通常、老衰で亡くなった時、死亡診断書にその期間をどう書くかとても迷う。
家族や周囲の人に「明らかに食が落ちて衰弱したのはいつから?」と聞いてから書く。

しかし先日のケースは、その定義で言うならば「老衰、1日」と書かねばならない。
しかしなんとなく、それもヘンである。

多いのは「老衰 1週間」や「老衰 1ケ月」だ。
かつて「老衰 6ケ月」と書きかけたことがあったが、「老衰 1ケ月」に変更したことも。

心筋梗塞や脳卒中などの『急変」では明らかになく、「老衰」としか言えない経過だ。
しかし現実として、直前の食事も全部食べて笑ってからの旅立ちに遭遇してしまった。

よく聞くと、4日前からなんとなく元気が無かったように感じたと。
だからこのケースは、「老衰 4日」と書かせて頂いた。

こんな「老衰」も
こんな「平穏死」も、あるんだ・・・・

ある意味、理想的な大往生かも。
台風の中でのささやかな出来事。

可愛い人だった。










2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

>直前の食事を完全に食べてから静かに旅立たれた。

これはすごいですね。ほとんどないケースですよね。普通直前は食べられなくなりますよね。

今思いだすと、私の母の亡くなる前兆は「発語がメチャクチャになって何を言っているかわからなくなった」という事でした。唯一通じた言葉は「何か食べたいものある?」と聞いたら「みかん!」これが最後の日本語らしい日本語でした。この後実際にみかんを食べました。その数日後に亡くなりました。

Posted by CASIO at 2017年09月19日 05:32 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部