このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

社会から創るメンズヘルス

2017年10月07日(土)

咋日は「第17回メンズヘルス学会」に朝一番から夕方まで全部参加した。
テストステロンを中心とした男性医療の研究や講演を聞き、収穫があった。
ますます男性受難の時代なのでよく考えないと。  男性は絶滅腫なのだ。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

もう年なので心から興味のある学会にしか参加しない。
出席単位取得だけが目的の学会参加はしないと決めた。

つまり「専門医」資格を捨てる。やめどき。

今、一番興味のあるのがメンズヘルス、男の医療。

・男性は女性より、8%寿命が短い。
・施設入居者の9割が女性。
・尊厳死協会員員の7割弱が女性。
・このブログの読者も女性優位だろう。

一方、
・孤独死の7割が男性。
・がん死は男性の病気。
・Y染色体は年々短縮。


男性は生まれつき早死にが確定していて
医療や介護を介護を受けずに孤独死・・・

じゃあ、どうすればいいの?

10月21日(土)の基調講演で詳しくお話する。→こちら

でも、チラシが出来る前に満員御礼になってしまった。(涙)
せめて懇親会だけでも、という人がおられたらどうぞお越しください。

懇親会は宣伝していないため、まだ余裕あります。
希望者は早めに申し込んでください。

【フォーラム終了後の懇親会】
神戸市役所24階のUCCカフェコンフォートで開催。
18:00~20:00参加費¥5000(当日徴収)
http://www.city.kobe.lg.jp/information/about/building/24kai_lobby.html




PS)
昨夜も最終で帰阪して午前1時に帰宅。
でも早朝から看取りや往診で寝ていない。

今日は、尊厳死協会の市民公開講演会。
600人以上のかたが、集まっている。

関本先生の講演を聞きながら楽屋で書いている。
これから1時間、ブッチャケ質疑応答で頑張る。

その後、懇親会へ。
体力、大丈夫かな。

クリック数が励みだ。


メンズヘルス領域の我が国のドン、熊本先生とのツーショット。
88歳でこの若さ。

2人の間に写っているのが、順天堂の堀江先生。
勉強後のワインは旨い。


DSC_0812.jpg




2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

>今、一番興味のあるのがメンズヘルス、男の医療。

これは結構盲点というか、忘れられやすい分野かもしれませんね。先生が積極的に情報を流してくださると世の男性もいろいろと注意するかもしれません。

Posted by CASIO at 2017年10月07日 05:16 | 返信

"女は強し" が定説ですが、被介護者・高齢者世代になると
比・男性とは殊更に、顕著に差が生じるのは本当だと思います。
生来のお喋り好きな女性は、脳梗塞後の発語障害を見事に克服して
しまうし、片や無口な男性は、周囲に圧倒されて益々無口になり
唾液の飲み込みにも咽せてしまう状態で、食物の飲み込みに難儀して
誤嚥性肺炎に見舞われてしまう。
認知症か否かによって、話の辻褄が合うとか合わないとか、なんて
無関係に、勝手に喋って満足するだけでも、健康に差が出るようです。

Posted by もも at 2017年10月07日 05:58 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部