このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

まぐまぐ大賞の3位を受賞

2017年12月16日(土)

まぐまぐ大賞2017において私のメルマガ
「長尾和宏の「痛くない死に方」」が、
こころ部門3位を受賞した!→こちら

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

まぐまぐ! アワードのページ。
 http://www.mag2.com/events/mag2year/2017/category/psychology.html?id=1679615
 

まぐまぐブログは有料だけど、このブログには到底書けないことを書いている。
今のご時世、ただのブログといえど、言いたいことの2割も言えないのが現実。

テレビだともっとだ。1割も言えない。
でも有料ブログなら8割までは言える。

かなりマニアックな内容だが、自分が一番楽しんでいる。
嬉しいことに、どんどん購読者が増えてきているようだ。

まさか賞をもらうなんて、思わなかった。
賞とは縁のない人間なので素直に嬉しい。

興味がある人は是非、申し込んでください。→こちら
初回月は無料です。

日本で唯一、「死」専門のブログ。
「死」に興味がある人はようこそ。


毎週金曜日の21時に、ハードな内容を、お届けします。
少し遅れると「まだ「まだー?」という書き込みがくる。

イヤならいつでも止めて、いい。
かなり気軽な媒体かと思います。

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

まぐまぐ大賞おめでとうございます。先生のお人柄が、読者に伝わった結果ではないでしょうか?
今日という日のうれしい思い出ができたことに、共に喜びを感じております。
本日は、大阪ミキ会の講演拝聴させて頂き、楽しくもあり感動する内容ありがとうございました。気さくなお人柄が、安心感を提供してくださっている様に思います。お帰りの際エレベーター前で「僕も乗せて」とおっしゃったことから親近感を得てしまいました。なので、ずうずうしながら、お尋ねいたします。
渋谷区在住の83歳男性、食道癌初期、手術・放射線・抗がん剤を使用せず在宅で暮らされる方です。妻には予後、2年と駒込病院内視鏡女医より告知されています。妻は69歳、お元気です。噴門部周囲に癌があり、狭窄が起こったら、削っていく対症療法を行う予定になっています。
緩和医療と認知症対応ができる在宅医療を行っておられるお勧め医師をご存知でしたら、教えていただきたいです。よろしくお願いいたします。
先生のますますのご発展、心より応援しております。

Posted by 青木亜也女 at 2017年12月16日 09:16 | 返信

10月から長尾先生のまぐまぐメルマガの読者です。受賞おめでとうございます。
1月お試ししてやめようとしていたんですが、クオリティ高くて在宅看取りのトラウマを先生にぶちまける娘さんとの会話がスゴすぎて、面白いって書いたら怒られちゃうかもしれないけど、臨場感はんぱなく、やっぱり面白いっていうか、そうよね!そうそう(-_-;)
って、今もまだ読み続けていたのですが、今週で終わるのですね。まだ読みたかったかな。ちとさみしいです。でも
本になるっちゅんでまんまとポチりました。
来週からは、どんな連載があるのかってまたついつい読んじゃいそう。これからもメルマガ期待してます。

あとまた東北にも来てください。お酒おいしいですから。
仙台はとても寒いです。先生もガンバ。

Posted by 仙台の看護士アケミン at 2017年12月17日 10:04 | 返信

わたくしもアケミンさんのコメント、大変興味深く読ませて
頂きました。
どこをどうやって読んだらこの在宅看取りの家族さんとの
対話がおもしろいと言う感想が出るんだろうと大変考えさせられました。
しかも患者や家族さんに寄り添うべき医療従事者なのに。

是非是非このブログや先生のメルマガ、購読し続けて一から
医療従事者として一番大切な事をお勉強し直し頂く事をおすすめします。


匿名から仙台の看護士アケミンへの返信 at 2017年12月18日 01:08 | 返信

匿名さま
誤解させちゃったみたいでゴメンナサイ。
だって、このお話、長尾先生が書いた小説ですよね?
ノンフィクションぽくしてよくできた、スゴい小説だと思ったので、
小説として面白いって書きましたが。
もちろん超勉強になりましたよ!

Posted by アケミンです at 2017年12月18日 09:51 | 返信

アケミンさま
ほんとに長尾先生の小説だったらすごいですよね。

この対話、実録ですが。(メルマガきちんとご確認下さい)
もしごのご家族さんがこちらをのぞかれていたらどんな気分で
アケミンさまのコメントをお読みになったでしょうね。

そして例え小説だったとしても患者や家族の心の機微を感じとれる感受性を
持つ事は医療従事者には求められるのではないでしょうか。

匿名からアケミンですへの返信 at 2017年12月18日 10:30 | 返信

匿名さま

ご指摘ありがとうございます。
感受性を得るため長尾先生のメルマガとって勉強してるんです。
匿名さまのような、絶対自分は正しい的な? 高圧的な医療従事者にならないよう、長尾先生の本を読んで精進致します☺
ありがとうございました。


Posted by アケミンです at 2017年12月19日 12:26 | 返信

アケミンさま
どういたしまして。
アケミン様の更なるご活躍を心よりお祈り致します。

元患者家族こと 匿名でございました。

Posted by 匿名 at 2017年12月19日 02:45 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部