このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

発売5日目に2冊とも重版へ

2017年12月27日(水)

咋年のクリスマスに出た2冊もまだまだ売れているが、
今年のクリスマスに出た2冊もいきなりアマゾン1位。
そして今日2冊とも「重版」するとの知らせを頂いた。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

一昨日、ある在宅医から電話がかかってきた。
てっきり、年末年始の代理の依頼かと思った。

しかし違っていた。
「痛い在宅医」を読んでかんど感動した、というでお礼だった。

本屋さんで見かけて勝ってくれたと。
この世で第一番めの感想が「感動」だったので、私も感動した。


これだけ出版不況の中では、重版は難しいという。
2割程度の書籍しか重版にならないので、重版は朗報だ。

「痛くない死に方」と「薬のやめどき」は、現在、8刷りだ。
「痛い在宅医」と「男の孤独死」は、どれだけ重版するのか。


今週は、毎日看取りがある。
12月だけでも、10数名。

1月からだと120人近くになる。

毎日が平穏死。

肺がんでも膀胱がんでも認知症でも老衰でも、最期まで食べて話している。
酸素も点滴も無いので本当に穏やか。

家族もみな笑顔。
「在宅を選んで良かった」と全員が言ってくれる。

「平穏死を宣伝します」と言ってくれる家族もいる。
医療者が知らないので宣伝してねと私も笑顔で言う。


ああ、また「美談」を書いてしまった。


この美談に騙された!というクレームも見知らぬ人から届く。
私がそんな家族に責められるのが「痛い在宅医」という新刊。

「男の孤独死」の方が売れるのかと思いきや「痛い在宅医」の方が売れている。
いつも予想と反対方向に行くのが出版の面白さで、何が売れるのか分からない。




PS)
年末までに、1万ポイントは無理な感じになった。
でも毎日2つのクリックをよろしくお願いします。

pop.jpg

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

ふ~ん..そうなんだァ..って感じです。
予想と相反するという出版の面白さ、であるとか、
各々に思いがけない反応があって、誠意として
金一封を送る方があったりするとか。やはり
常識に捕らわれない The自由人=Mr.Nagao が
為される事に反応する、これもまた希有な正直者が
「応援してます!!」の誠意を示されている、と
そんな超常現象(?)的な気がします。
本心を吐露する、できることに共感する、
そんな一端が垣間見えます。

広告の写真は、以前のと同じように見えて、
そうではなくて、少し年齢を経た写真ですね。
年齢と共に、少し憂いがあって、
いい感じです。

Posted by もも at 2017年12月28日 08:37 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部