このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

『医者が飲まない「市販薬」「処方薬」大辞典』

2017年12月28日(木)

宝島ムック「医者が飲まない市販薬・処方薬大辞典」が出た。
無駄な薬、飲んではいけない薬が紹介されている。
私も随所に登場するが、是非参考にして欲しい。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

私もちょこちょこ登場する。→こちら

この本も出たばかりなのに、アマゾンの1位になっている。

そう言えば、数日前、アマゾンのベストセラーランキングを
見ていたら医学部門のベスト20に自分の本が6冊もあった。


これだけハードで惨めな毎日を送っていて嬉しいのは、
自分の本が多くの人に受け入れてもらった瞬間である。

そう言えば、今日、差出人が書いていない手紙が届いた。
なんとなくイヤな予感がしたのでこわごわ開封してみた。

脅迫状ではなかった。
「頑張ってください」という旨の手紙と○万円のお金が入っていた。

送り返そうにも差出人の名前も住所も分からない。
なにより、こんなオッサンを応援してくれる見知らぬ人がいることに感動。


今日も多剤投与と格闘していた。
毎日、毎日、お薬との闘い。

多重受診がその原因であることが多い。
その原因は、過度な専門医信仰である。

今日も施設に入所している人の子供さんと1時間くらいお話をしていた。
いくつもの病気があるが、それぞれの専門医にかかるのが最高と信じている。

家族がいろんな医療機関に、薬だけをもらいに行っている。
大学病院でも開業医と同じようにお薬受診が多い。

要介護5の人を2~3年、診察しないで薬だけを出している。
教授であっても、売り上げノルマがあるのでそうなるそうだ。

医療ムラとお薬ムラの癒着の狭間で苦しむ患者さんたち。
近づかないのが一番の健康法である。

しかし、必要な薬もある。
そんなことも書いてある。

614H632zbnL._SX346_BO1,204,203,200_[1].jpg











2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

お菓子のようなカラフルな色のお薬を たくさん飲んでいらっしゃる方が
本当にたくさんいます

それも1包化になっているから実に厄介です
1包化って
便利ですが 裸にされてしまった薬が 一体 なんの薬かわからない…
ネットで薬品記号番号を調べれば
誰でもわかるようになってきたが 老眼になってきたわたしに
この小さな文字を見ることは 非常に苦しくなってきました

医者が飲まないお薬の本を手に入れて
勉強します

Posted by 訪問看護師 宮ちゃん at 2017年12月30日 11:03 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部