このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

京都大学医学部構内で「歩く」講演

2018年02月17日(土)

京都大学医学部構内にある芝蘭会館で「歩く」講演をした。
演題は、ズバリ「病気の9割は歩くだけで治る」であった。
一般市民ではなく専門職にこの演題で講演したのは初めて。    
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

第14回日本整形靴協会学術大会に招待された。→こちら

私の2つ前の特別講演は、2008北京オリンピックで
4x100mリレーで銅メダルをとった朝原宣冶氏だった。

メダリストと同じ舞台に登壇させて頂きとても幸運だった。
それ以上に、朝原氏の講演内容に感動した。

4人のリレー選手の100m最高タイムを単純に合計すると
ジャマイカと3秒半の違いがあり、これは16mに相当する。

それをどうやって克服するのか。
ヒントは、バトンリレーにある。

感情論を超えた信頼関係を練習で構築することで短縮できる。
この理論はチーム医療や地域包括にも共通するなあと感じた。

ジャマイカは 1+1=2 だが
日本チームは 1+1=4 にする理論と訓練。

そしてアスリートの価値をどう「見える化」するのか。
まさにエビデンスベースト・スポーツの時代、なのだ。

朝原氏は講演中に「ああ、羽生クンが気になる」と呟いていた。
見事に金メダルを獲得して、なんというシンクロニシテイかと。

京都は小雨が舞うも、今日も大混雑だ。
明日の京都マラソンと春節祭の影響か。

「病気の9割は歩くだけで治る」という本を抱えた医師に
サインを求められたが、この本を書いて本当に良かった!

夜は東京で糖尿病の勉強会と今後の認知症医療の会議。
明日は神戸で看取りの講演と死の臨床の実行委員会だ。


天候はまだグズグズしているが、メダルラッシュに元気をもらう。
春はすぐそこに来ている。

IMG_1844.jpg

FullSizeRender (2).jpgIMG_1833.jpg




2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

50年前は走り幅跳びとリレーの選手で常負バスケット部の5人目の部員でもありました。
足腰には自信あったはずですが、その後、タイプやワープロ、パソコンを操るのが主な仕事。足にピッタリの革靴が好きでした。ピッタリというよりキツキツだった??ためか、特に左足の親指付け根の骨が出ているので、銭湯で、見知らぬ子供に「足、どうしたの? 痛いの?」と指さされたこともある。
靴を選ぶのがとても難しい。一足の靴を買うのに滅茶苦茶時間かけます。
靴選びはすご~~く大切。

Posted by 匿名 at 2018年02月18日 01:14 | 返信

「整形外科」ならぬ「整形靴」という、技の世界があるのですね。
「靴選び」だけでなく、「底敷き」を一工夫するだけで、一転「体幹」も安定するとか。

申し訳ないですが、あちこちにあった「靴」を、すべて捨ててからほぼ10年、
「靴選び」はまったくしておりません。
「畳草履に素足」というスタイルで、年がら年中「歩いて」います。
お客さんのところに行くときも、お店に行くときも、同じスタイルです。
「体幹」を鍛えるため、「靴敷き」ならぬ「棒」を滑握して、「歩いて」います。
「不審者」に間違えられるとまずいので、剣道袋に入れていると、
「釣りですか?」と、まちがえられます。

お陰さまで、左足と右手の5本指握手、内・外くるぶしを固定した足首回し、
正座から跪坐立ちも楽になりました。
時代劇で復元されている「膝行」は、年寄りにはきびしいですが、
中年の人は試されたらいかがでしょうか。
でも、個人が靴を「捨てる」には、それなりの覚悟がいるかもしれません。
ですから、「整形靴」で技を磨いている方々の前途は、洋々です。

Posted by 鍵山いさお at 2018年02月18日 02:24 | 返信

メダリストと言えば、オリンピック中継が盛り上がっています。
スピードスケート小平奈緒さんの立派なご活躍、成績、会見を見て、
「心・技・体」を身をもって表現しておられる、凄いアスリートだと
ファンになりました。金メダル、おめでとうございます!

余談ですが、所属先:相沢病院の理事長先生が長尾先生と
そっくり! なことに驚きました。まるで兄弟みたい。

Posted by もも at 2018年02月19日 11:12 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部