このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

前頭葉の時代

2018年03月04日(日)

病院の窓口で「院長を出せ!」と怒鳴っている男性がいる。
多くは「前頭葉」の機能が低下しているのかなあ、と思う。
世の中を見渡しつくずく「前頭葉の時代」であると感じる。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

以下、尊敬する三俣さんのブログからの引用  →こちら

@@@@@@@@@@@@@@@@


前頭側頭葉変性症の時代

これからは、アルツハイマー型認知症(ATD)ではなく前頭側頭葉変性症(FTLD)の時代だと思っています。

病理がどうであれ、元々ATDであっても加齢と症状の進行に伴って前頭葉の機能障害が現れて介護は益々大変になってきます。

既存の認知症関連学会とは異なり、認知症治療研究会は対症療法を提示できるところが凄いと自負しています。

@@@@@@@@@@@@@@@@@



前頭側頭葉変性症とは、ピック病や意味性認知症など。
結構、多い。

アルツと誤診されて、抗認知症薬を処方され、炎上している人をよく診る。
認知症専門医もピック病と診断しながら、ドネペジル10mgを処方する。


私たちがやっている日本認知症治療研究会は、前頭葉を得意とする研究会です。
認知症学会の専門医もお忍びで勉強に来るようなとても有益な集まりだと思う。

3月25日(日)に東京品川で開催さされる。→こちら
一般の方も参加できるのでどうぞ来て欲しい。


PS)
最近、クリック数が2000ポイント台に落ち込み、
私も少し凹んでいる。

10年間、トップを走ってきたが、そろそろ時代が変わるのか。
フェースブックやツイッターでではなく敢えてブログでの発信。

ストレス発散と言いながらも、毎日気になるのがクリック数。
毎日2つのクリックと、知り合いへの宣伝をお願いします。

有料メルマガのほうはお陰さまで伸びてきました。
このブログとは全く違う世界にも。よろしければ。

最初の1ケ月間は無料で購読できます。
毎週金曜日の21時に配信しています。

これから堺市での講演だ。
この冬の大型講演の最終。






2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

前頭葉症状を理解すると、認知症のBPSDの大半は前頭葉症状。
今まで心理的な問題から生じている精神症状の多くが前頭葉症状。双極性障害や摂食障害も前頭葉症状。
人の行動の多くは、脳というハードに依存している。発達障害も前頭葉の機能障害が大きな要因。
精神科医は、前頭葉の機能・前頭葉と大脳辺縁系の関連・大脳辺縁系の働きをしっかり理解すべき。それができていないから精神科医療は迷走している。

Posted by 小関 洋 at 2018年03月04日 06:04 | 返信

ぎゃ〜!
わたしも前頭葉がおかしくなってきたのか…

これを個性というのか…
気をつけなくては いけないです

Posted by 宮ちゃん at 2018年03月04日 08:08 | 返信

がん薬物治療を受けているので、ケモブレインの観点から、前頭葉にも興味があります。
予防も兼ねて、日々、先生のプログを拝見させて頂いています。時に、コメントも書かせていただき、何処に言えばいいんだ?
という愚痴を、長尾先生に向けてこぼしています。コメントを書く事で、ケモブレインの予防にもなるでしょうか。
フェイスブックやら、何やらは分かりません。匿名、ハンドル名での投稿を許していただけるこちらのプログは有難いものです。
失礼にならない様にと心掛けてはいますが。
プログを続けて頂けると有難いです。
長尾先生の視点は、偏りがなく中庸の精神に立たれていると思います。何より、発言する際に、長尾先生は一人で立って発言されている様に思います。他の方と協力はなさっておられるし、求められ、応じる事が出来ることには、協力もされておられる様に思います。
一味違うお医者さんだなあと思います。有名な人なんだけれど、街のお医者さん。ご近所の人が羨ましい事です。
クリック、さぼらない様にします。

Posted by 樫の木 at 2018年03月05日 12:16 | 返信

「社長を出せ❗」、「責任者を出せ❗」、「理事長を出せ❗」、やばい、やばい、相談業務で言うことが、ある、ある。

Posted by ブラックソーシャルワーカー at 2018年03月06日 08:08 | 返信

小関氏の言うとおりだと思いますね。
精神科医だけでなく、多くの認知症専門医とか神経内科医も全然理解していないのではないか。
もし理解していれば、あんな滅茶苦茶なパニック処方ができるはずがない。
前頭葉と辺縁系、基底核、中脳、後方連合野は密接に関与しているという事もおそらく理解されていない。そういう臨床医が神経に作用する劇薬を処方しているというあきれた現状。

Posted by マッドネス at 2018年03月10日 12:34 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部