このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

トホホ・・・でも癒された

2018年03月04日(日)

今日は、いろんなことがあり、トホホの日だった。
悪いことが続いた後に、最高の癒しに救われたナ。
講演<<仕事、を思い知らされた1日。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

淡路島での講演。
同じ兵庫県内だ。

朝、バスに乗ろうとした時に運転手さんに「遅い!」と怒鳴られた。
時間は正しいのだが、その運転手さんの時計のほうが間違っていた。

講演会場に1時間前に到着するも来客が多く思うように準備ができない。
朝も昼も抜きで夕方まで講演はキツイので、少しでも飯を食べておこう。

イオンの中のフードコートで一番早いであろうカレーライスを注文した。
やっと出てきたカレーライスを食べかけた途端に市の職員から呼び出し。

お偉い人に挨拶をしなさいとのことでそこに行くと、今度は待ちだ。
なんやかんやで食事もままならず、準備不足のまま、講演に入った。

すると今度は携帯電話がいろんな人からバンバンかかってくる。
そう、土曜日の午後は、いつも携帯電話が鳴りやまない時間だ。

どうでもいい人からどうでもいい用事の電話が混じっているが
そもそも電話に出てみないと大切な用事かどうかが分からない。

ほかにも講演中に、準備不足のためにお話に集中できないことが。
やはり、しっかりと打ち合わせを徹底しておくべきだった・・・

極めつけは最後に歌をワンフレーズ歌ったところから、
また胸の携帯電話が何度も繰り返し鳴り続けたことだ。

なんの電話か気になって歌に集中できず、不完全燃焼。
結局、知り合いからのただの間違い電話であったのだ・・・

トホホ・・・
よりによって、講演中に他にもあれこれ予期せぬことが起きる日。

今日の出来は30点。
昨夜の岡崎は50点。

往診依頼もあったので、終了後にバス停まで急いだが、バスが来ない。
遅れてきたバスは、さらに渋滞に巻き込まれて、また時間だけが経過。

バイオリズムが悪いのだろう。
昨日あたりからなんかヘンだ。

夜から深夜の往診を数件回った。

昨日、大病院を脱北してきたばかりの末期がんの患者さん。
はじめて会う人の、とぎれとぎれの物語に耳を傾けた。

主治医から「あなたの余命は2週間です」と言われて落ち込んで脱北したと。
高カロリー輸液も抗ガン剤も拒否して、命からがら自宅に逃げ帰ってきたと。

お腹は腹水でパンパン。
口からは、吐き続けだ。

末期がんの人に一番やってはいけないことを全部やっている。
・抗がん剤
・高カロリー輸液
・1日2リットルの輸液
・でも緩和医療はぜロ・・・

ゆっくり本人と御家族全員に病状説明をした。
するとご家族の一人がこう聞いてきた。

「今までやってきたことは全て真逆ということですね?」

思わず「ピンポン!」と言ってしまった。

そして「一緒に桜を見ようね」と言った。

そこから本人は泣きだしてしまった。
家族もみな涙ぐまれていた。

私は遅い時間になったけど、ここに来て本当に良かった、と思った。
悪いことが10個続いた後には、癒されることがひとつぐらいある。

同時に、大病院の医療に怒りがこみ上げてきた。
明日の(もう今日だ)、堺市での講演でこの感情をどこまで抑えられるか自信がない。


職員たちは深夜帯になっても、まだ仕事をしている。
働き方改革の議論の最中、私は捕まるのではないか。

週末退院、
年末退院、
ギリギリ在宅、
そして脱北者・・・


この国の終末期医療は、正直、狂っている。
一部かもしれないが、大病院の終末期患者さんは緩和ケアも無く、可哀そうだ。

それをなんとかしたくて、昨日も今日も明日も講演をして頑張るのだが、
こんなことを5年間やってもほとんどなんの意味も無いことが分かった。

では、どうするのか。

潔く、諦めることか。
そんな無益なエネルギーを目の前の人のために使ったほうがよほど有益だ。


トホホと癒し、そして無力感。

そうこうしているうちに、孤独死して、「アホな奴」と笑われるのだろうなあ。
悔しいなあ。

なんとも言えない3月のスタートである。
でも行けるとことまで進むのが、私の道。


PS)
2つ、クリックしてね。










































2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

長尾先生、今日も講演に診療、本当にお疲れ様です。先生の、人間みのある温かなブログを読むと、なんだかホッとします。
ブログに、「5年間やってもなんの意味もないことが…」とありましたが、そんなことないです!
今日(昨日)、こんなことがありました。私は、長尾先生の本を一冊読んだら次の一冊を楽しみに購入するのですが、本当は、三冊ぐらい同時並行で読みたかったりします。月々のお財布の都合上、一度にたくさんは買えないので、「あっっ、そうやん!図書館という手がある!」と思いついたわけです。それで昨日、地域の図書館に行き、長尾先生の本が置いてあるか検索したら9冊あって、その内の一冊は、もう13人待ちでした。他も9人待ちなど、すべて「待ち」です。私は、「自分が住むこの街にも、長尾先生の本や活動に心動かされている人がいるんや!」と確信しました。国や社会全体はなかなかすぐには変わらないかもしれないけど、長尾先生が色々なことを発信してくださるから、私たちの意識は少しずつ変わってきています!
近くに住む77才の母からは「この間(2月25日)は、長尾先生の講演に連れていってくれてありがとう。生の先生の講演、聴けてヨカッタ!」と私のポストにメッセージがありました。

今までは私、携帯にアクセス制限をかけていましたが、どーしても先生のブログが読みたいので、昨日、先生のブログや、他に必要なサイトにだけは行けるよう携帯の設定を変えました!なので初めてコメントを書きました。こんな夜中に変な奴。明日書けばいいのだろうけど、一度寝てしまったら何書きたかったか筆が鈍るので、今コメントした次第です。


「孤独死してアホな奴」なんてこと、絶対にないです!
でも先生、身体だけは大事にしてください!
明日も道中お気をつけて!


Posted by 小梅ちゃん at 2018年03月04日 03:28 | 返信

何が起きても
悠々と…堂々と…できる自分になりたいです

ほんとに
考えても…思ってもみないことが起きると
この心はすぐに 怯んでしまいます
ほんとに
情けないです

それでも
ヘンだと言われても 投げ出さずにがんばることに きっと意味があるんだと信じています
(信じたいです…)
きっと
わたしのことをわかってくれる人が出てきます

大丈夫…大丈夫…

Posted by 宮ちゃん at 2018年03月04日 08:20 | 返信

諦めないで頂きたい。切に思います。
これだけ書かない失礼をお詫びします。
※うちのガキは、今、医大生(進級できれば今年2年生)ですが、どうなるのかいろいろ…。
ほとんど毎日見ています。いろいろ考えさせられますね

Posted by K-mira at 2018年03月05日 10:53 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部