このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

「同時死」 私も経験あり

2018年04月09日(月)

報道ステーションで「同時死」が報じられていた。→こちら
都内で「同時死」が6件、相次いでいるという。
たしかに在宅医療では不思議なことを経験する。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

「同時死」と言っても全く同時ではなくほぼ同じ時期に死ぬこと。
この報道では1ケ月以内なので、正確には「ほぼ同時死」である。

年々、死者が増えている。
年間120万人が、2040年には170万人近くまで増える。

ということは、「ほぼ同時期」に亡くなるカップルは年々増える。
毎日毎日、4万人も亡くなっている。

長尾クリニックでもこの1~3月にちょうど30件のお看取りがあった。
この数は年間120人に相当するが、単純計算では3日1人のペースだ。

しかし、かなりのばらつきがある。
1日に3~4人亡くなる時もあれば、2週間以上看取りがない時も。

なかには、ほぼ同時刻に2人のお看取りがあったこともあった。
あるいは仲のいい御夫婦を、たった1日違いで看取ったことも。

ある施設でも、ほぼ同時刻に2人の看取りがあったことも。
いずれも老衰なので犯罪の可能性はなく、まったくの偶然。

もちろんみんな自然死・平穏死で死期がだいたい予想されていた死だ。
これだけ死が多いので同居人の死期が重なることは確率的にあり得る。

「同時孤独死」もあるだろう。 都内の警察署や監察医務院には、
毎日同じような顔をした60台の男性遺体が続々と運びこまれる。


ならば、この報道はなぜ行われたのか?
正直ニュースの意味がよく分からない。

もし犯罪を疑っているのであれば、見当違いの報道だと思った。

それだけ「年々、多死社会」になってきているよ」という意味なのか。
いや、それを知らない記者が書いているのかな?

でも、もし大切な人と一緒に逝けたら、それは幸せなことかも。
オランダの安楽死クリニックでは普通に行われているのが現実。



PS)
大谷選手の大活躍には大きな元気をもらうね。
テレビを通じて、彼のオーラにあやかろう!

一方、国会での隠ぺいと改ざんにはウンザリ。
カルテの改ざんは罪なのに公文書は謝罪のみ。

毎日、2つのクリックをお願いします。
















2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

同時死…
本当に起こるんですね

人の命は わからない…ですね

Posted by 宮ちゃん at 2018年04月11日 12:43 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部