このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

ムーギー・キム著「最強の健康法」

2018年05月10日(木)

ムーギー・キムさんが「最強の健康法」を2冊同時発売した。
不肖、私にもお声がかかり、取材を受けて校正にも関わった。
とても合理的で読みやすい健康本であるので、お勧めしたい。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

・ベスト・パフォーマンス編      →こちら

・病気にならない最先端科学編     →こちら     


私は、2冊ともに登場する。
アマゾンに名前が載っている。

もちろん、ムーギーさんにもお会いしていろいろ話をした。
彼はとても好奇心旺盛で、本当に聞き上手な人で感心した。

彼でなければこんな本はできないし、唯一無二の内容だ。
太い本なのに1冊1600円と、とっても合理的な価格。

是非、購読されることをお勧めする。
いろんな本を読むより効率的である。



71atwQDK2UL[1].jpg71Leq84d7dL[1].jpg

PS)
今日は、これから東京への日帰り出張だ。
取材や収録やか会議など6つの仕事をして帰る。

明日は午前中、老健協会で講演。
午後は尼崎での大イベント初日。



2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

週末、書店に行く楽しみが増えました!
ぶ…分厚いんですね…、ちょっとだけ立ち読みして(立ち読みしたくても、もう売れててないかもね!)最後まで諦めずに読めそうだったら購入します!
先生、ご出張お疲れさまです!


Posted by 小梅ちゃん at 2018年05月10日 07:47 | 返信

ムーギー・キムってどんな人なのかな、と検索してみると、東洋経済にエリート転職相談などの記事を書いてる金融界超エリート韓国人3世。
その「公式ブログ」 https://oishiimugicha.wordpress.com/2012/11/ の中盤に 旧ブログからの転載5 の中で、
米国東部の名門女子大学、ウェルズリー大学で生物化学を学んだM子が、日本の医学部に進学したが、医者にならずに外資系コンサルファーム就職を目指すという話の中で、現在の医者のタマゴが、「医者にならないほうがいいんじゃない」と言いたくなるような記述がたくさんあって面白かったので転載します。
以下抜粋
(医学部の学生は)大半が医者の子供で、給料自体は決して高くは無いが、その代わり絶対に解雇はない。M子が出会った医学部の学生は、性格的にも“過去のレールが将来のレールにしっかり固定された、腰の重い人”ばかりであった。
薄弱な志望動機―職業選択が不自由な、世襲制ドクター予備軍
思えば、私たちの社会の、“医者を志す動機”は薄弱なところが大きい。多くの欧米諸国では、医学部に入る前に、一年間本当に自分が何をしたいのかサバティカルリーブをとり世界旅行や奉仕活動で自分に向き合う。
これに対し私たちの周囲では生まれたとたんわが子に歯医者をつがせ、物心ついたときから数学の塾に通い詰めさせる。本当はバンドでドラムをやりたい“メタリカ息子”を皮膚科の研修医にしたてあげ、もしくは公務員のお父さんが旧世代の憧憬心から、“いつかはうちも医者に、、、”と、長男の学費に全てを注ぎ込む。
結果として、医者への志望動機を述べる学生側の理由も、甚だ弱々しいものである。 “おばあさんが病気になって、直してあげたいと思って医者を志望しました、という”貧弱な志望動機“を言う人が、私の同窓生には非常に多い。 ざっと計算して、医者になるまであと二十年。御祖母様の御長命をお祈りする次第である。(ちなみに母校は医者の息子が多く、数多くの”無気力世襲型ドクター“のインタビューに大変助けになった。この場を借りて、級友に感謝したい。)
割りに会わない医療ビジネス-儲かってるのは美容外科だけ
東洋経済読者で、ビジネスワールドに染まっている方々は、きっと日ごろの医者がどのように割に合わないか、ご存知でないと思う。私たちの予想と異なり、数千万の授業料の果てに彼らが得ている生活は、決して羨ましくはない。
内科ではいくら働いても給料は変わらず、拘束時間は基本の12時間に加え、当直でいつでも呼び出される。深夜にかけつけ、吐血で瀕死のご老体に胃カメラをつっこみ、医療ホッチキスでバチンと止血。やっと終わったと思えば、“直腸から大出血”と緊急に呼び出され、“単に痔であった”と追い返されることも少なくない。
いくら粉骨砕身患者につくしても、世の中の見る目がますます厳しくなり、すぐに訴えられる危険と隣り合わせでもある。
抜粋ここまで (あとはリンクをクリックすると読めます)
思うに、やはり、長尾先生が苦労なさっている理由は、要するに、日本では、医者となってはいけない人間たちがたくさん医者になっているので、長尾先生のように志(こころざし)高く医者となるべくして医者となった少数の本物の医者たちが苦労している現実がある。医者となってはいけない人間たちは、さっさと商売替えしたほうがはるかに患者のためなのだが、医者という商売をやりながらお金儲けばかり考えるから、どんどんクスリ屋と癒着してクスリ屋のために講演ぶって薬害広げてお金を稼ぐのだ。
医療が崩壊しても構わないから、本当に医者をやりたい人だけが医者になったほうが良いと思う。日本の医療制度は一度全部崩れたほうが良いのではないか。

Posted by 匿名 at 2018年05月11日 02:56 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部