このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

「記憶にない」と「記憶がない」

2018年05月09日(水)

国会答弁を聞いていると、急性特定記憶障害を自認する人が多い。
よく聞くと「記憶にない」と「記憶がない」の2パターンがある。
もしかしたら使い分けているのか、はたまたその記憶が無いのか。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

「記憶にない」と言われたら、「記憶」はあるんだろうけど
探したけど見つからないよとど、こかうっかりミスを演出か。

「記憶がない」と言われたら、「病気?」「認知症?」
「病院へ行ったら」と応える人が出るのかもしれない。


前者は、うっかりミス的で、
後者は病気を匂わせる表現。

病気→本人にその認識がない→わざとじゃない
→悪くはない→許される、という構図が見える。

ロッキード事件の時に、児玉氏が「記憶にございません!」という
新しい言い訳を編み出して以来、国会や官庁で再流行している言葉。

先日、若年性認知症の丹野氏に「僕のこと覚えてる?」と聞いたら
悲しそうな顔をして「すみません。覚えていません。」と言われた。

そう、覚えていないのなら「覚えていない」と素直に言ったほうがいい。
敢えて「記憶」という言葉を使うこと自体、おかしい。

「記憶にないという記憶はあるじゃん」と突っ込みたくもなる。
 
近い記憶を失った人には、それなりの対応法がある。
ユマニチュードやバリデーションという技法で支える。

しかし言論の府で「病気のふり」をする行為は、偽証罪ないし
詐病罪ないし、「国民冒涜罪」ではないだろうか。

西部暹さんなら「民主主義は終わった」と嘆くだろう。
いや、こんな国体に心底絶望して、自裁してしまった。

強い日本を本当に取りもどしたいなら、正直に言うことだと思う。
数えきれない嘘をついたことを正直に認め、謝罪すべきではないか。



繰り返し流れるTOKIOの4人の会見と国会でも会見を並べて見ると
なんともいえない複雑な気持ちになるのは、私だけではないだろう。

TOKIOへの同情論が出ているが、もっともだろう。→こちら

そして、なんと山口氏はNHKにはめられた!?

TOKIO山口達也に女子高生を“献上”
NHKの大罪【先出し全文】 →こちら



こうなると、なんと言うべきか。

はめられた人が、、正直に白状して処罰される。

一方、はめた人(もう一人の山口氏)は、権力が「忖度」して免罪される。

いったいどうなっているの、この国は。
終わってる、なんてレベルではないな。

みんな、賢くなろうぜ。
子供たちのために、大人が頑張ろうぜ。



PS)
今日も雨。
でも明日は晴れる。。

よろしければ、毎日、2つのクリックをお願いします。









2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

「記録も記憶もない」1945年。
すべて、「不可逆しない」日本的「伝統」。
「朝鮮戦争特需」は知っていても、大日本帝国の「朝鮮統治」は知らない。
南北朝鮮の「統一」など、21世紀にあってはならない「悪夢」。

「行政の長として、膿を出し切る」
「一点の曇りもない」
「名乗り出るのが、そんなに苦痛なのか」
「セクハラ罪って、ないだろ」
報じるだけで、突っ込めない「取り巻き記者」の男たち。

「男気」ある「膿の親」と、「男気」ある記者たち。
霞ヶ関のトップ官僚たちも、「男気」全開。
定時後の「ことばあそび」に、かねてから目を付けていた記者を、「性的欲望の対象」にみたて、
安上がりの「酒の肴」として、弄ぶ。
これぞ、霞が関の「百人一首」カルタ、最高位に登りつめた「男気」の腐臭が漂う。
「セクハラ研修会」の補習に、大臣と官房長、お追従の記者クラブ員も参加か。

Posted by 鍵山いさお at 2018年05月11日 05:14 | 返信

日大アメフトの「男気」!
殺人タックルを指示した男がいるらしい。
日大アメフトは、「男らしく」永久に解散すべし。
止めず傍観した「男気」、日本のすべての分野に「漂う」。

Posted by 鍵山いさお at 2018年05月14日 07:14 | 返信

「行政府の長」、「アメフトの長」。
責任は取らず、雲隠れに終始。
日本社会は、上から下まで、タガが外れて果てなし。
スマホでは、人をなんど殺しても、おのれが殺されることはない。
殺人プレーを命令したトップ。
「アヘ社会」を支える底辺は、「汚い手」を好む。
「いいね」が、積み上げる。

Posted by 鍵山いさお at 2018年05月17日 03:30 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部