このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

「独居の在宅看取りプロジェクト」最終報告

2018年05月26日(土)

昨夜は「在宅医療推進の会」で「独居高齢者の在宅看取りができる地域
づくりプロジェクト」の最終報告を委員の皆さまの前で行わせて頂いた。
この半年間の活動経過や演劇の短縮版の観賞もして頂きご意見を賜った。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

この半年間実にいろんなことを行ってきた。
そのまとめの会だがいろんな意見を頂いた。

1)介護福祉士という国家資格を持った160万人の活用

2)演劇という手法は古くからあるが、一定の効果はある

3)「遠くの長男」の職場では「介護離職」が課題となっている
  企業の産業保険の中に「介護相談室」を設けてビデオも観る。

など、新しい意見も頂いた。


一昨日、私と同じ年の独居の方を看取った。
当然、「朝入ったら亡くなっていた」パターン。

「眠るように逝った」かどうかは定かではないが
「眠りながら逝った」ことは間違いない。

天涯孤独の末期がんや認知症の人の在宅看取りが、大好きである。
医師として持てる力を全部発揮してその人の希望を叶えてあげられるから。

看護師やケアマネも同じ気持ちだろう。
天国に旅立った本人も喜んでくれていると思う。

もちろん本人がそれを強く望みそれを叶えてあげただけ。
完全無欠の尊厳死のためには、天涯孤独が絶対有利者だ。

しかし現実には、
・家族がいる
・それも沢山いて意見が全く異なる
・病院スタッフは尊厳死を知らない
・特に、独居こそが叶うことすら知らない
・本人意思の尊重とは名ばかりで、延命処置で苦しめている・・・・

このプロジェクトにもしアウトカムがある、としたら
・偏見が大きすぎて、現実を知ってもらうのは極めて困難
・医師が無理ならば、ケアマネではなく介護福祉士に期待
くらいしか無いのではないか・・・

好きで演劇をやっている、と思われているようだ。
しかし決してそうではなくほぼ義務でやっている。

ある委員がこう発言した。
「こんな演劇をしてもあまり効果はなく、虚しいだけ」

私も同じだ。
皆さんが想像するほどの達成感など無い。

社会活動として行き詰まっている、と感じる。
「やっています」というフリを演じているだけかも。

今日は、13時~15時半まで京都国際会議場で日ホスの戦略会議。
その後、17時からは、在宅療養支援診療所連絡会の理事会と続く。

在宅関係の「会議」と名がつくものは、今週、8個目だ。
10年以上頑張ってきたが、還暦を機に後輩に譲りたい。

「頑張れど我らが活動、世に認められず」

ならば、「老兵去るのみ」やなあ、なんて思う今日このごろ。
そんな老体にムチ打って7月7日の七夕の日に生前葬をする。

自分としてはもう終末期にあると思いながら、その日暮らしで生きている。
わずか60年だか70年だか分からないが限られた命を懸命に生きるだけ。

今、沖縄のゆるい空気を思い出している。
日野原先生に憧れても彼のような強さは、自分にはない。

トボトボと暗い道を足元だけを見つめて歩くだけ。

ではみなさまも、楽しい週末をお過ごしください。


PS)
昨日は、抗加齢医学会に参加していたが、いろんな人に出会った。
女性ホルモンの異常について女医さんとモデルさんの話を聞いた。

男性ホルモンも大事だけど女性ホルモン
についてもっと勉強しないと、と思った。


















2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

ランナーのごとく疾走し続ける医師は稀有な存在です。
その背中から学び、バトンを繋げていくのが読者の役割でもあると思います。
将来を切り拓いていく過程だからこそ、先が見えず暗闇にいるかのように感じてしまいます。
在宅看取りまでも地域包括ケアシステムなのだという、その考え方を広げていくためにはどうしたら良いのか苦悩しています。現場の専門職の方々を見ていると、日常業務でそれどころではないという状況が読み取れます。一般の市民が共通認識を持ちボトムアップしていくしかありませんね。
介護家族も「なんだか心がポキポキ折れたなぁ」という日もありますが、また新しい一日を迎えていきます。先生も多くの読者が伴走していることを忘れないで頂ければウレシイです。

Posted by あんこ at 2018年05月26日 01:50 | 返信

おひとりさまを救え!
現場では ほんとに悩んでいます
予算的には 病院よりも施設よりも おうちが絶対 お安いように思います

これは あくまでもご本人の希望です
ご本人が病院がいいなら病院ですし 施設がいいなら施設です
おうちがいいなら ぜひともおうちで最期まで…と思うんですが おひとりさまのハードルが高いです

イギリスでは孤独担当大臣ができたとか…
日本は どこに向かっているのやら…

わたしにできること…
頑張るっきゃないです!

Posted by 宮ちゃん at 2018年05月26日 08:45 | 返信

せんせい、げんき??
私たちはげんき。

まゆみちゃんからの伝言。
職場のロッカーをロックしてしまって携帯もお財布も
閉じ込められているからメルマガの感想は月曜日以降ですって。

これは歓送迎会の後にホテルの無料のネットサービスから書いているんだよ。
じゃね うめ

追伸 ももお姉さんは最近ザキトワさんの所に来たマサル君が気になっているみたい
   秋田犬よりもミニチュアダックスの方が利口なのにって

Posted by うめ&もも at 2018年05月26日 10:29 | 返信

追伸
元気ない?
先生。

本当は仕送り送るつもりだったんだけどロッカーロック中で
送れなかったみたい。

「頑張れど我らが活動、世に認められず」

大丈夫
患者さんと家族さんたちはみんなちゃんと先生の事見ているし
認めているよ

じゃね。うめ 
(飲み会の帰りのホテルのネットコーナーより)

Posted by うめ&もも at 2018年05月26日 10:42 | 返信

私は女性ホルモンが少ないのだと思います。昔からぺちゃぱい。
私は両手とも中指が一番長くて次が中指より5ミリくらい短い薬指、その薬指より5ミリくらい短いのが人差し指なので「男性脳」だそうです。「女性脳」≒「思考が女性的」な人は、中指が一番長くて次が人差し指で薬指は人差し指より短いとのこと。
と、ここまでタイプして、女性脳、男性脳って何だ???
ウチの家族は代々、ウジウジした女々しい男と、度胸の据わった決断力ある女で成り立ってきました。男らしい・女らしいとは何ぞや?
女性ホルモンとはおっぱいを膨らませる働きはするけど「女性らしさ」とは関係ないですよね。なぜって「女性らしい」なんてイメージは、世の男性のイマジネーションの産物に過ぎないから。

Posted by 匿名 at 2018年05月26日 11:57 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部