このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

今回の台風は地震並み

2018年09月05日(水)

台風21号で大きな被害が出ることは、明確に、予想していた。
ガラスが割れたり、屋根が飛んだり、電柱が折れるのは想定内。
「ザ・リーデイング」という映画を観たので備えはできていた。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

2週間前の台風20号は兵庫県姫路市に上陸した。
そして今回の21号も、なんと神戸市に上陸した。

尼崎はどちらもその東側なので、風害がメインになる。
家が飛ばされるなど充分覚悟したので職員を休ませた。

しかし外来や在宅は、安全にやれる範囲でやらないといけない。
そのあたりが普通の仕事と違う点だし、普段から覚悟している。

風速30~50mでは、ただの傘が飛ばされて
体に突き刺されば、死ぬこともある凶器になる。

さて、今日の台風は、まるで”地震”のようであった。
鉄筋コンクリートの新棟の3階にいたが、よく揺れた。

突風のたびにビルが揺れるが、地震によく似ている。
ユラユラ揺れるので、なんとなく気分が悪くなった。

ビルごと根こそぎ宙に浮かされる、ようなイメージだ。
外を眺めると、空をいろんな物体が飛びまわっている。

まるでマンガというか、診たこともない光景である。
屋上の木が2本とも抜かれてそれも空に舞いあがりそう。

大きな看板が外れて落下しないか、心配でならなかった。
そこに人がいたらどうしよう、と。

大きな固定ボルトが3つ壁から剥がれて、間一髪で止まった。
斜めになっているが、吹き飛ばされる寸前で踏みとどまった。

1階はいつもの雨漏り。
ああ、被害甚大やなあ。


周囲はもっと悲惨なことになっている。
家の側壁や屋根や看板が見事に吹き飛ばされた。

車の横転や信号機や電柱が倒れるなどは想定内。
しかし一番やっかいなものは、「停電」である。

信号機は停電していても、車列は動かない。
思わず23年前の阪神大震災を思い出した。

家の中が暑いので夕方からみんな外に飛び出してくる。
まるでお祭りのように活気があるが、車道は大渋滞だ。

周囲を一周したら、飛散物が飛び散っていたが、
私にはまるで津波が引いたあとのように見えた。

コンビニの棚の弁当関連は、すべてスッカラカン。
でも大行列、とは23年前と全く同じ光景である。

TVをつけると結構、大変な光景を映しているが
「実際はもっと大変だけどね」という感覚も同じ。


教訓
・水は備蓄しておくこと
・台風=停電、と考えるべし
・外に出ないことが大切
・吹き返しに注意


看護師さん達は気になる患者さんを回ってくれる。
「危険だからやめて!」と止めても、飛び出す人。

ある看護師が、なかなか帰ってこないので心配した。
大型店舗に避難していて無事と聞いて、ホッとした。

18時に天気が少し回復したので、シャッターを上げた。
人どおりは多いけど夜診は結局、一人も来られなかった。

そして本当の試練は、日没後に始まることを知った。
それは、人工呼吸器患者さんの”停電”問題であった。

多くの家が停電していた。(160万軒だったと)
我がクリニックはキュービクルがあるので停電を免れた。

停電のため暑くて暗くて家にいられない、という人が
クリニックに入ってくるが、当院は避難場所でもある。
































2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

台風お見舞申し上げます。本当に凄い強烈な台風だったのですね。被災しながらも、被災した方の為に仕事を続けられましたこと、尊敬致します。本当にお疲れ様でした。非常事態にたじろぐことなく、機敏に行動できることこそ、医者に求められるプロフェッショナルなのですね。しかし、誰にでもできることではありません。強い精神力と人間愛によって成し遂げることができるのですね。私もそうありたいと思います。しかし、私の場合はいつも非常事態に備えて60%位の生活してるので、レベルがとんでもなく違い過ぎです。(しかし、ハードワーク過ぎの先生には、少しは私を見習うべきかと・・・。先生はカツオ、無理ですよね。)後片付け、大変だと思いますが、皆様は私みたいに、60%位の完成度で、被災後だから無理せずにお願い致します。

Posted by 遠い声 at 2018年09月05日 06:12 | 返信

 ただただ 頭が下がります

Posted by 薬剤師 井澤康夫 at 2018年09月05日 09:32 | 返信

第三室戸台風? 逆かつ「山崩れ、海傾き」(方丈記)。
わが列島誕生以来、アフリカ出でて、この島々に辿りついたヒトの宿命。
地球温暖化は、この自然サイクルを加速させているだけ。

こどもの頃、四季の訪れのように、毎年川の氾濫で床上浸水。
台風で、トタン屋根のわが家はとなり村まで飛んでゆき、
水がめ、かまど、野つぼの三点セットが残った。
しっかり、脳内ネットワークに更新されている。

離島奪還訓練・イージス配置は止め、減災、インフラに。
防衛省・自衛隊は即刻廃止し、防災省を編成せよ。
そのつど「官邸対策室」立ち上げ「以下同文」の朗読指示、いと見苦し。

Posted by 鍵山いさお at 2018年09月06日 05:12 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部