このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

西部さんの自殺ほう助に施行猶予判決

2018年09月15日(土)

高瀬舟ではないが、自殺ほう助は現代では罪なのか。
西部さんの自殺ほう助に施行猶予判決が出た。 →こちら
執行猶予がついたことで、私は少し安心した。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 


西部さん自殺ほう助、MX子会社元社員猶予判決



東京都大田区の多摩川で1月、評論家の西部邁(すすむ)さん(当時78歳)の
入水自殺を手伝ったとして、自殺ほう助罪に問われた東京メトロポリタンテレビジョン
(MXテレビ)の子会社の元社員・窪田哲学被告(45)(9月12日付で懲戒解雇)に対し、
東京地裁(守下実裁判官)は14日、懲役2年、執行猶予3年(求刑・懲役2年)の判決を言い渡した。

判決によると、窪田被告は別の男(懲役2年、執行猶予3年の有罪確定)と共謀。
1月21日未明、多摩川まで西部さんに同行し、遺体が流されないよう西部さんの
体と川岸の立ち木をロープでつなぐなどして入水自殺を手伝った。

窪田被告は公判で「遺体が流されないようにしただけで自殺を手伝ったわけではない」と
無罪を主張したが、判決は「ロープを購入するなど入念な準備をしており、
心理的、物理的に自殺を容易にした」と退けた。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


自殺は、安楽死ではない。

安楽死とは、医師が自殺ほう助すること。
      日本では認められていない。

自殺とは、市民(非医師)が自殺ほう助も含む。
     その場合、ほう助した人は、この程度の罪。



三島由紀夫は、部下に首を切ってもらい、自殺した。
自殺をほう助した部下自信も切腹自殺した。

いずれも「痛くない死に方」である。
全員死んだので、罪が無い「事件」となった。


元慶応大学の近藤誠医師は近著のなかで
これを「安楽死」である、と書いている。

三島由紀夫が安楽死、ではちょっと(かなり)違うのではないか。
言葉が持つ響きは大切だと思う。

三島も西部も「自殺」、あるいは「自裁」した。
そして、たまたまそれを助けた第三者がいた。

自殺ほう助と安楽死。
近いけど、違うと思う。

どう考えたらいいのか?

ずっと考えているが、分からない。

いつか今日判決が下った窪田哲学さんに直接聞いてみたい。



2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

「自殺幇助」と「安楽死」の違いについて
つたない考え方かもしれませんが、私の考えを書かせていただきます。例外もあると思いますが。医学的には、どう考えられるのかわかりませんが、一般の人の感覚のような気がします。


「自殺幇助」は、死にたい人が自ら体を動かして、それを遂行するのを、他人が手伝うのではないかと思います。飛び降り、入水、飛び込む、首を吊る、睡眠薬を服用するなど、ベッドに寝ているのではなくて、死にたい人が自らが体を動かすのが基本。


一方「安楽死」というのは、自ら体を動かさなくても、ベッドに寝ていて、自ら動くことなくても、他人が注射をしたり、呼吸器を外す場合などでしょうか。だから、本人の意志がなくても、家族の希望で行えなくもありません。

その意味で、自殺の方が本人の意志が強いと思います。


次の違いは、安楽死は肉体的、精神的苦痛を伴う場合に、特に肉体的苦痛が伴う場合に行われますが、自殺は肉体的苦痛がない場合にも行われます。また時期も終末期とは限りません。


鎮静は、ある意味で、場合によっては、安楽死にも含まれるかもしれません。ただし、安楽死を意図しなくて行っても、安楽死に至ることはあると思うので、鎮静 = 安楽死というものではないでしょう。

Posted by 井上 at 2018年09月17日 08:42 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部