このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

野の花会さんの施設に驚いた

2018年10月12日(金)

鹿児島に野の花会さんという、9ケ所の施設を運営する
社会福祉法人があるが、なんと私を講演に招いて頂いた。
その施設を見学したが、施設の完成度の高さに驚いた。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 


午前は医学会で介護医療院のお勉強。
午後はサンロイヤルホテルで「看取り」の講演をさせて頂いた。
 
社会福祉法人・野の花会のお招きで、スタッフと市民が対象。
質疑嘔吐を含め2時間半の長丁場だったがあと1時間欲しい。
 
なんて欲張りを言ったら怒られる。
医学会の講演時間は20分なので、その6倍の時間。
 
真面目に講演した。
下手な歌は自粛。

 
終了後、野の花会さんの特養を見学させて頂いた。
とても特養とは思えない素晴らしい施設に驚愕した。
 
初代理事長の絵画を展示してある小さな美術館も併設されていた。
いたるところの心が和む調度品が品よく配置され心が元気になる。
 
なんと!、山口県の「夢のみずうみ村」がここにもあった。
そのフロアをうろついていると入居者の男性に挨拶された。
 
「私も尊厳死協会の会員でリビングウイルを書いています」。
その男性はお医者さんだったが、居心地がいいとのこと。
 
私もここに入りたいと思った。

理事長は社会福祉法人を開設して、30周年になる。
ここまで築くまで相当な御苦労もあったことだろう。
 
吉井淳子理事長のファンになった。
改めて彼女に教えを乞いたいと思った。
 
私の知る限り、日本最高レベルの特養のひとつ。
建築やアミニテイに加えてケアの質の高さに感動。
 
野の花会さんの職員たちはみな礼儀正しくキビキビしていた。
お世辞抜きで最高の舞台と最高のおもてなしを見せて頂いた。

IMG_2353.jpgIMG_2350.jpgIMG_2357.jpg 
スマホで検索したら、昨日一緒に講演した
木澤先生の発言がニュースで流れていた。
 
「ACPは絶対的なものではない」木澤教授
 
残念ながら「ACPの核はLW」という私の
発言はニュースにはならず、力不足を感じた。
 
 
ところで日慢協学会では「介護医療院」のシンポを拝聴。
江澤先生(日医常任理事)や鈴木会長のお話を拝聴した。
 
介護医療院は地域貢献も行う地域に開かれた施設で
在宅との往復もできる、というので夢のような施設。
 
 
今後、姥捨て山と言われた介護療養病床は廃止され
・特養
・老健
・介護医療院、の3つになる。
 
それぞれが独自の生活支援を追求して
ACPが励行されることだろう。
 
5年後には介護医療院一色の時代だなあ、と思っていたが
今日の野の花会のような施設を見ると、特養も凄いと思う。
 
本当に尊厳ある介護を推進するためには、介護職員の教育や底上げが必要だ。
それには元・厚生労働政務官出会った長野さんのような政治力も必要だろう。
 
昨夜お会いした方のご身内は長野すけなりさんの元秘書さんだった。
なんというご縁というのか、奇遇か、世間は狭いと言うのか、驚いた。
 
 
昨夜、天文館にいたら、遅くにお看取りの電話があった。
私は行けないので看護師と代理の医師に走ってもらった。
 
幸いにも御家族は、とても落ち着いておられた。
在宅で看取ることができて、満足しておられた。
 
留守を支えてくれるスタッフがいるから羽を伸ばせる。
鹿児島で得た収穫をどう活かすかは、私の課題である。
 
鹿児島、ありがとう。 
また来るからね。
 
夕日の鹿児島空港。
明日は、群馬県館林市だ。
 
 IMG_2375.jpg

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部