このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

スタチンによる筋肉障害と肝障害のガイドライン

2018年11月12日(月)

コレステロールを下げるスタチン製剤の是非が毎週のように週刊誌を賑わせている。
日本はスタチン天国なのでそれだけその週刊誌が売れる、というだけのことである。
そもそもスタチンにはそれなりの副作用があるということは知っておいた方がいい。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 


★ 筋肉障害の程度に関するカテゴリー分類 →こちら

★ 肝障害に関するカテゴリー分類 → こちら


この2つの医学記事の内容は画期的である。
筋肉障害と肝障害を公に認めたからである。



それにしても、スタチンを飲んでいる人は多いな。
検診で高いと言われた人が受診すると処方される。


週刊現代には、医者によって違うことを、書いた。→こちら
女性セブンには、更年期以降の高脂血症を書いた。→こちら

週刊誌の取材に協力したことを怒る医師も多いのは説明に時間がかかるから。
製薬マネーをもらって洗脳セミナーに精を出している教授のせいだ。→こちら

まあ、末法の世。
末法医療。

だから患者さんが賢くなるしかない。




PS)
プレジデントさんから、「医者のかかり方」についての取材を受けた。
こんな昔に出た本に関する取材は、とっても嬉しい。


「その医者のかかり方は損です」
「大病院信仰 どこまで続けますか?」を、多くの人に読んで欲しい。











2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

ステロイド軟膏使用とコレステロール値上昇とは関係あるのでしょうか?
私はHDL、LDL共に高い65歳女性です。
軽度のアレルギーがあるので、眼科と皮膚科からステロイド剤処方があります。できるだけ使わないようにしていますが、ひどく痒い時は使っています。
検診の評価をしてくれる医師は、高コレステロール値は、閉経との関連もあるけれど、少量であってもステロイド使用も影響している、ような内容の話をしていました。
LH比が2以下なので、担当医師は薬を処方しない、と言っています。賢い医者で良かった。 (^.^) ^_^
まあ、薬が処方されても、黙って受け取って飲みませんけれど。・・・保険の無駄遣いですが、医者に歯向かうと後が怖いから自衛策です。

Posted by 匿名 at 2018年11月13日 01:59 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部