このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

在宅医療のリアルを話した

2018年11月17日(土)

午前中は大阪天満で「在宅医療のリアル」についてお話しした。
在宅医療の過去、現在、未来を、オフレコで講演させて頂いた。
話しながら内心「この講演、結構面白いな」と思ってしまった。


2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

主な対象は、医業経営コンサルタントの先生方。
だから思い切った話ができた。

医療介護職でもなければ、市民でもない。
経営コンサルの視点で色んなお話をした。

ピッタリ、2時間半の講演。
やっぱり僕は2時間半もらわないと伝えられないな、と思った。

昨日の厚木は、110分。
小林市長から「110分と異例の長い講演ですが」との挨拶を聞いた。

舞台のそでで聞いていて「いや、短いんですが・・」と思ったが、
考えてみれば、110分は長いだろう。

高齢のかたの膀胱が持たないのだ。
映画も「99分まで」と決まっているので、110分は長いだろう。

しかし・・・
やっぱり150分は欲しい。

「話が下手なだけじゃないか」、と笑われてもいい。
人にはその時々の「尺」があるのだから仕方がない。

講演依頼のほとんどは、1時間以下だ。
もちろん丁重にお断りしているが、先輩からの依頼ならそうもいかない。

大学関係や医師会からの依頼は、「20分で在宅を語れ!」というのが多い。
20分間でのプレゼン能力を試されているのだが、もともと能力なんてない。

ある市民フォーラムでは、50分間という時間が与えられた。
案の定、イントロだけ、1枚目のスライドで終わってしまった。

終了後、必ず、言われる言葉。
「もっと聞きたいからまた来てくれる?」

内心「だから最低120分って言ったのに。それでも遠慮してんだからね」と思う。
しかしそんなことは言えないし「じゃあまた」とお礼を述べて、虚しく帰途につく。

体はひとつ。
しかも町医者をやりながら、引き受けている講演。

患者さんからも職員からもブーイングを浴びながら、早朝の新幹線に乗って日帰り。
誰にも言えない、でもここにはしっかり書いてしまうちっぽけな愚痴である。

その意味でも、今日の講演後、眼下に大阪城を見下ろしながらの昼食会は爽やかだった。
主催者は「いやー、今日のお話は面白かったです」というヨイショも心地よく聞こえた。

昨日は日帰りで神奈川で2つの講演。
そして今日も朝から全開での講演会。

こんなんでいいのかな?

まあ、いいんじゃない!

と自問自答している。





















2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

おはようございます。寺下です。
先週土曜日は大変お忙しいところお時間を頂きまして
ありがとうございました!
K様にもメールにて書かせて頂きましたが、ご参加者の皆さまから、
「もっとお話を聴きたかった」「来年も長尾先生にご講演をして欲しい」
などご要望がございました。
今年度の近畿会の研修は今回で終了ですが、、また来年度以降も引き続き
ご指導賜りますよう、どうぞよろしくお願い致します。
あ!ヨイショではありません!

Posted by 寺下 道子 at 2018年11月19日 10:19 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部