このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

独居の在宅患者さんの救急搬送

2018年12月17日(月)

冬になると、知らない間に救急搬送されている独居の在宅患者さんが増える。
少しでも具合が悪くなると、慌てたヘルパーさんが119番して搬送される。
ヘルパーさんや救急隊員さんには「在宅医療」をもっと知って欲しい。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 


なにかあればすぐ119番するヘルパー。
到着した消防隊員の頭には病院しかない。

本来は「なにかあれば在宅医」なのだが、
ついつい「なにかあれば病院」と、なる。

ヘルパーさんは後でこう言い訳する。
「いやー、慌てたもんでついつい」

軽症であれば、「無用な救急搬送」で終わるが、
心肺停止後であれば、無用な警察介入にもなる。

救急隊員から、超・上から目線の電話がかかってくることが、時にはある。
「私が主治医なので診ます(当たり前だが」と言っても聞き入れないことも。

在宅医療をよく知らない救急隊員は「呼ばれたらとにかく病院やろ」とか
「開業医は低レベルなので無理」と思っているのか在宅医の話を聞かない。

「あんたに何が分かるねん」と言われたことがあるが、
彼らは病院の救急医にはそんなことは言わないだろう。

まあ、救急隊員の暴言や無知に腹を立てても仕方がない。
彼らが悪いのではなく、システムの検証が無いのが問題。

すべては、119番から始まっている。

それをする前にざ在宅医に電話をしてくしてくれたらいいのに
一旦119番されたら最後、その瞬間から私たちの手を離れる。

救急搬送システムはその地域のメデイカルコントロール(MC)
が責任を持って運営されているので、その席で言うしかない。

しかしMCに私たち在宅医は呼ばれることはない。
病院の救急専門医が全てを決めているのが実態だ。

先日、第1回日本在宅救急医学会を立ち上げたのはそんな想いから。
しかし残念ながら国のレベルではまだまだこの問題に迫れていない。

たとえば、リビングウイルがあってもDNARとはならない。
横田教授は「リビングウイルは迷惑!」という姿勢である。

当地区は、尼崎、西宮、芦屋、伊丹、川西、宝塚市など
200万人圏域のMCの支配下にある。

そのMCのトップは兵庫医大の平田教授である。
実は、彼とは10年以上懇意にしている仲だ。

その平田教授から2月13日(水)の阪神救急研究会の
特別講演を頼まれているので、その席で想いを話す予定。


119番するな、とは決して言っていない。

119番する前に、少し考えてからしましょう、と言っている。
119番した瞬間から私の手を離れることを、ヘルパーさんに知って欲しい。


















2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

ヘルパーとか救急隊員の立場からすると、とりあえず病院に運んでおかないと、もし手遅れで死亡など悪い結果になれば、カリフォルニアに住んでる家族?親戚?からあとで訴訟でも起こされたらたまりませんからね。たとえ高齢者でも「なんで病院に運ばへんかったんや」と文句言う人が多数だと思います。普段その対象者の面倒みていない人ほど、何か非常事態があれば責任転嫁してきますからね。
知らない家族からのクレームという不測の事態を避けるために、みな自己保身で精一杯なのでしょう。
社会の不寛容性が増す中で、開業医の裁量でトリアージする事が許されないのでしょう。
「病院=安心神話」「国民皆保険制度による低額負担」「救急車がタダ」とか要因が色々ありそうです。
そういうクレームを言われないようなシステム作りがまず必要なのではないでしょうか?

Posted by マッドネス at 2018年12月17日 11:49 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部