このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

天国への登り方

2019年01月25日(金)

劇団「アマヤドリ」の本公演「天国への登り方」を観た。
安楽死をテーマにした劇だった。→こちら
若い人たちが一生懸命に考えてくれるのが嬉しかった。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

代表の広田さんたちは、前回の私のロフトプラスワンに来てくれた。
そんなご縁もあり、ご招待を受けたので観に行った。

なんだか、私の本に書いた言葉がセリフとなりあちこち出てきた。
きっと私の本を何冊も隅々まで読んでくれているのかなと思った。

北極を安楽死特区にして、それを観光産業として売り出す物語。
安楽死の前に「生前葬」まで出てきたのには、ビックリしたな。

若者たちが(おそらく20~30代)がここまでリアルに
終末期医療に関心を持ってくれていることが嬉しかった。

若者の感性で演劇という手法で自由に展開されていた。
誰にも遠慮せずに、表現していたのが良かった。



おりしも宗教学者の山折哲雄さんも安楽死に言及されている。→こちら

経済学者の二木先生は先日の落合X古市論争にコメントしている。→こちら
この記事の最後の安倍総理のコメントは、たぶん私が関わっている。


いすれにせよ、今こそ、喧々諤々の議論をすべきだ。

もちろん尊厳死である。
いまだに尊厳死がタブーな国。

安楽死は尊厳死の議論のもっと先。
日本では無理だろうし、私も反対。


尊厳死できれば、安楽死は要らない。

その尊厳死もなんと、まったく理解されていない。


課題は多い、多すぎる。
しかし若者たちと真摯に議論していきたい。










2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

「天国への登り方」または「地獄への降り方」。いいですね。

くだん(件)の「テクノ秀才」たちのざれごと。偏差値官僚たちの造語おあそび。
「臨終期」または「往生際」をいかに迎えるかということを静思したいのに、
「老成期」の先輩たちを「マイナスコスト」としか見ない若輩たち。

「日本人の死生観」といえば、西行、兼好がすぐ想い浮かぶ(立川昭二、山折哲雄)。
「脳死臨調」の時もそうだったが、「終末期」「最終段階」論議にも、彩り、四季がなく、
鼻もなにもないノッペラボー。

山折哲雄おすすめには、三無主義(葬式しない、墓つくらない、骨のこさない)のほかに、「死にたい日」から逆算して絶食を開始するという「手」がある。
3・4日絶食に、絶水をくわえて、なんどか予習しておきたい。

だれかさんのように、知人を刑法犯に仕立てて「自裁」するというのは、「他裁」である。
「リビング・ウイル」とともに、彩りゆたかなプラスアルファをもちたいものです。

Posted by 鍵山いさお at 2019年01月26日 04:48 | 返信

地域による違いはあると思いますが、高齢のおばさんやおばあさんが話している医療との関わり方は、私(60歳代半ば)からみると、やはり何でも医療に頼りすぎだと思います。けど、それを言えない。村八分になりたくないから。
たとえばジムの風呂で、背中があちこち真っ赤になっている元気な80歳おば(あ)さん、「ブラジャーがくいこむからかな? 痒くて仕方ない、手が届くから(これ自体、ご立派)掻いてしまう。」すると、もう一人の60歳代前半の医者好きおばさん「医者に行って薬もらって塗った方がいいよ、それからビタミン剤と◯◯ともらって飲んで・・」
私は黙っている。
背中が痒いのは風呂で洗いすぎなんじゃない? 下着は肌に接する部分は綿100%がいいよ。 80歳で体型補正肌着で締め付けなくたっていいんじゃない? 痒いから掻くって、それでいちいち医者に行ってクスリもらって塗ったり飲んだりするの? 。。。。。と言いたいのだが。
こういう人たちがこういう「症状」で医者へ行った時、医者は薬を処方せずに「まず、痒くても掻いてはいけません、洗いすぎないこと、下着の材質を変えて試してください、そのあと、もし改善しなければ、もう一度受診してください」と突き放すべきだと思う。でもそうすると、医者好き薬好きおば(あ)さんたちが、「あの医者は薬くれない」とか、「あの医者はひどいよ」とか文句を撒き散らすから、医者は「営業に差し支えるので薬を出す」のですよ、ね。
厚労省がTVやネットで、「こういう症状は、医者へ行く前にこれらのことを試してください」といった宣伝をすればよいのではないでしょうか?
まあ、TVは、医療機関や製薬会社もスポンサーだから・・・
要するにどこもかしこも「自分たちの商売繁盛」だけを考えている。

Posted by 匿名 at 2019年01月27日 01:54 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部