このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

なんなんだ、NHKの安楽死報道

2019年06月02日(日)

NHKが、スイスに渡って安楽死した日本人を報道した。
多系統萎縮症の50歳代の女性と家族の苦闘を描いた。
この報道を観て、怒りがこみあげてきた。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

「彼女は安楽死を選んだ」→こちら



安楽死を遂げた患者さんの気持ちはよく分かるし、支持する。
自分自身も同じ立場に置かれたらきっと同じように願うかも。

実は安楽死に立ち会った医師もその内実も知っている。
デイグニタスが有名だが今回はライフサークルが舞台。

見事に美談仕立ての安楽死賛美。


この放送を見ながら、怒りが込み上げてきた。

コトの後先を考えずに、視聴率狙いだけなのか。

1 自己決定権に基ずくものだが、日本ではリビングウイルさえ
  認めていないことを何故ちゃんと、言わないのか。
  内閣府の公式見解は「患者さんはリビングウイルを書くな」だ。
  東京地裁で行政裁判しているのに、こんな地道な努力は全て無視。

2 日本では安楽死はおろか、自己決定権さえも否定されている中での報道だ。
  現実をすっ飛ばして、「外国に行けば安楽死できますよ」と言わんばかり。


3 すなわち、国内での尊厳死議論をすっ飛ばして、海外のお花畑の紹介。
  この番組を見て、みんなスイスに行ったらどうなるのか考えていない。


4 毎日新聞がやらかした「透析ねつ造報道」については触れない。
  まずは身近な国内問題からやるべきではないのか。

5 また、介護施設での誤嚥を事故として報じ続けるメデイアの誤りにも触れない。
  すなわち、メデイアが日本の終末期医療を歪めている本質に何故触れないのか。


リビングウイルや尊厳死を扱う時には、必ず両論併記のようにやるくせに、
なぜ海外での殺人だけは別扱いできるのか、その神経や倫理性が信じられない。

ALS協会や難病団体や障碍者団体の悲鳴を、なぜ報じないの?
リビングウイルの時はあれほど報じておいて今回は美談かい。


もう一度言おう。

リビングウイルを否定している国の国営放送が、
リビングウイルを前提とする安楽死を美化する。



いろんな感想があるのだろうが、私は
本格的なメデイアの自殺だな、と思った。

もし私が彼女の主治医なら安楽死させない。
緩和ケアをしつこく頑張る。

実はまったく同じ病名で同じように呼吸器を当初は拒否した患者さんを診ている。
もう10年位になるだろうが、呼吸器をつけて、お花見やパーテイにも参加する。

呼吸器や胃ろうがあっても、笑って人生を楽しめる。
死ぬ権利の前に、生きる権利が保障されている国だ。

なぜ、苦しそうに見える人をわざわざ対比して、安楽死を美化するのかまったく理解できない。
人工呼吸器をつけても、食事をして、酒を飲み、旅行して笑っている多系統萎縮症の人がいる。

私は、NHKの一連の偏向報道が、ずーと気になっている。

・胃ろう
・鎮静
・尊厳死

なにひとつ、本質を突いた報道が全くできていない。
もし私が番組の責任者だったら、0点の報道ばかり。

大橋巨泉さんの検証番組も酷かったし、
田中正博先生の鎮静の報道も酷かった・・・

すべて一般市民をミズリードしてきた。


今回の放送も、まさに「なんなんだ?」という感じ。
ただ呆れていた。

国民に無いものねだりをさせておきながら、
それが叶わない本当の理由は一切報じない。


まあ私は裏を全部知っているので、そう思うのかもしれないね。
多くの人はきっと「ああ、スイスはいい国だなあ」と思うのか。

今、日本はそんな状態じゃないのですよ。

なぜ分かるのかって?

それは私は国会や自民党の清和政策研究会や弁護士会や全日本宗教連盟などで
リビングウイルの講演をして、ボコボコに叩かれてきたからこそ、分かるのだ。

なぜ、ALS協会や日本弁護士会や全日本宗教連盟の人たちは
こんな無茶苦茶な報道に黙っておられるのかも理解できない。

なぜ、人生会議を報じないのか。
なぜ、リビングウイルを報じない。

要は、?????
という番組だった。

まあ視聴率さえ取れたらいいのか。
テレビって、そんな世界だもんね。



PS)
こんなに苦労しながら一歩一歩地道にやっている人の
気持ちも少しは分かって欲しいな。NHKのエライ人へ。

書くと怒られるだろうが、亡くなられた女性が本当に勿体なかった。
もし事前に彼女を知っていたら安楽死しないよう体を張って止めた。


























  








2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

番組を見ました。

まず
「積極的安楽死」と「消極的安楽死」
消極的安楽死=尊厳死とされていることに憤慨。
安楽死と尊厳死をしっかりと切り離してほしい。

番組の中でも、療養先の環境にショックを受け安楽死を選択するきっかけになったという部分。

これを日本の医療であるという当たり前、仕方ないで見過ごすことが許せません。
安楽死、尊厳死の是非を問う前に最期の最期まで適切な、人として最大限尊厳されるケア、キュアの環境を整える。それが大前提だと思うのです。それをせず、最期は苦しい、情けないと嘆くのは何かおかしいぞと・・・

いちばん簡単な疑問
「なぜ臨終後、病院の正面玄関から送りだせないのか?」
本当にその一人一人を尊厳し敬う姿勢があれば堂々と正面玄関から見送ってあげよう
それでこそ最大の尊厳なのではないか?
(尼崎市内の老人ホームで行われていますね、素晴らしいです)

今の日本で安楽死施行が進められると恐ろしいことが起こります。
番組にも出ておられた、生きることを選択した女性のような方。
こういった方の生存権に対しての攻撃がただただ広まってしまうこと。
そういう歪んだ思想傾向にあるこの日本で、安楽死が施行されてしまうことに危機感を抱きます。

Posted by カフェオレ at 2019年06月04日 09:46 | 返信

公共放送による、自殺幇助番組でした。

Posted by 一読者 at 2019年06月04日 04:05 | 返信

例の透析報道の後に、
偉い医者や学者・識者と言われる人たちが続々とリビングウィル反対の凱歌をあげましたね。いわく
「患者自身に生死の判断は絶対に許さない。医者は最後の最後まで患者を生かす努力を怠るな!」
この方々の価値観では在宅看取りなど論外だという事なのでしょう。
そのような医療ファシズムが支配する国からスイスへ逃げたい人は沢山いると思いますよ。
わざわざ安楽死しなくても他の国で尊厳死をすればいいのではないかと思います。
個人的には安楽死には反対、尊厳死には賛成、医療ファシズムには大反対です。

Posted by マッドネス at 2019年06月04日 04:52 | 返信

少なくとも、美談仕立てとも賛美とも全く感じませんでした。
考える契機になり得る内容だったような。

Posted by 匿名 at 2019年06月04日 05:16 | 返信

「自分だったらどうするか」
受け止めたのはそれだけで、自殺幇助の意図もおっしゃるような怒りも感じませんでした。
問題点を議論する番組ではなく、自分の生を考えるきっかけ作りに重きを置いた内容に感じました。
結果、このブログたどり着いて現場?の意見も知ることができたのでどの立場からも放送がなされてよかったのでは。

Posted by 匿名 at 2019年06月05日 01:55 | 返信

 私は「難病の人には安楽死を認めてもいい」と考えていましたが、NHKの安楽死の番組を見て「出来れば自然死が望ましい」と考え直しました。
 それは、自力で食事が摂れなくなったら食事介助を受けずに死ぬ、というもので、自殺ではありません。勿論、酸素や点滴なども拒否するのです。ポイントは、食事介助を受けないことで、体全体が弱っていき、呼吸困難で苦しむことも少ないと推測します。
 こういう考え方は難病患者の支援団体から非難されるでしょうが、難病と診断され自分の死と向き合っている人には、「自然死を目指す」というのは一つの選択肢だと思います。

Posted by 古希まえ男性 at 2019年06月05日 09:31 | 返信

あの番組は、医療のあり方や安楽死のあり方を問うものではなく、「生き方」、「最後の迎え方」で何が正解かがわからない中で一つの結論を出した人と残された人の葛藤を題材に、視聴者に生きるとは何か、死ぬとは何かを投げ掛けたもので、医療番組でもないし、安楽死の礼賛でもないし、なんら偏向はないと思います。

病気の9割は歩けば直るというような本より社会的価値が高いと私は思います。

Posted by 匿名 at 2019年06月05日 09:01 | 返信

多系統萎縮症だった私の連れは、闘病の間とても元気でした。散歩に行き、好きな本をたくさん読み、絵を最期まで描いていました。いつも笑顔を浮かべていました。
番組の女性が、「自分らしく」と仰っる御気持ちは分かりますが、たとえ寝たきりになったとしても、そのように生きることはできたと存じます。
番組を観た方々、特に、パーキンソン症やALS、多系統萎縮症などの神経難病について御理解の無い方々が、女性の選択を「潔い」と御感じになられるとしたら恐ろしい。
生まれた時から体を動かすことができない人は、自分らしく生きることができないのでしょうか?そんな筈はありません。相模原の事件すら頭を過りました。
介護の現場は確かに厳しい。けれども、其処からしか生まれない尊厳が在ることを知ってほしい。介護する者にしか味わえない幸せが在るのです。その幸せを創る、豊かな社会を目指して戴きたいです。

Posted by かわせみ at 2019年06月06日 02:15 | 返信

はじめまして。
私もこの番組を観ました。

不思議だとおもったのは、スイスの女性医師が、「自分が死にたいからと言って、家族を傷つけてはいけない。
大切なのは、本人がきちんと別れを言い、家族が本人の意思を尊重することです」

と2日間の時間をあたえました。

しかし番組をみている限り妹さんは最後まで反対していたと思います。
なのに安楽死が決まった後で妹さんに明日決行と連絡しています。

私は結果、安楽死ではなくNHKを含め、自殺幇助をしたと考えます。

おかしな番組です。

Posted by りよん at 2019年06月06日 02:06 | 返信

長尾先生のブログを読ませていただいて、
なぜ、あのNHKの番組を見た後、言葉を失ったのかやっとわかりました。
安楽死を選択されたの女性のお気持ちはよくわかります。
そして呼吸器をつけ、瞬きでしかコミュニケーション出来ない方へのキュアが
一般に耳にするものより乏しいと感じました。
それ以上に何か考えようとしても、何も考えられなかったんです。感想を。
情報が何もない、感性に訴えるだけのものでしかないということが、
長尾先生の言葉でよくわかりました。
それはコメントのしようがないわと。
あまりにも情報が少ない=日本の医療現場の実態がわからなければ、意見を言うこともできませんよね。
そうなると、美談としか言えなくなってしまう…。
それは怖いことです。
事実が何も語られない間に、安楽死=美しいという思い込みが先行してしまう・・・

Posted by sue at 2019年06月07日 06:04 | 返信

和先生のご意見、臨床にいればよくわかる!
よく言ってくれやした!

療養の転倒事故、誤嚥、肺炎、感染症、良心的に関わる施設ほど正しい?対応に追われて看取りがおかしい方向だ!
安らかに終われる日本にしようよ!

Posted by むむたずまはる at 2019年06月11日 08:58 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部