このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

家族が医療を決める世界で唯一の国

2019年09月02日(月)

日本の医療の特徴は、本人ではなく家族が決めていることだ。
本人意思とは無関係に家族の想いに医者は振り回されている。
だから日本の医者は本人よりも家族の方を向かざるを得ない。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

朝から晩まで本人ではなく、家族と話している、
ような気がする。家に帰ると、そう感じる。

遠くの長男・長女の気持ちをしばらく傾聴して
お伺いを立ててからでないと、物事が進まない。


外来医療でもそうだが、在宅医療で特に顕著だ。
終末期になればなるほど家族に振り回さ絵れる。

在宅か入院かホスピスか。
抗がん剤、続行か中止か。



考えてみれば、家族のために医療をやっている。

本人が喜ぶ医療をしても、家族が気にいらなければ終わり。
そんな閉塞感にすっかり慣れきってしまった自分が、怖い。


ヒポクラテスの時代から医療の基本は「本人意思の尊重」。
医療は本人のためにある。

しかし現代においては「家族意思の尊重」に置き換わった。
これがリビングウイルの法的担保が無い国、ということだ。

人生会議をやってもその矢先から家族がぶち壊していく。
せっかくいい方向に行きかけても、壊すのは遠くの子供。

家族の方ばかり向いている自分が、段々嫌になってきた。
「こんなはずじゃなかった」とか「貴方さえいなければ」。

当たり前のことが当たり前でない日本の医療を、
思いつくまま列記してみよう。


・薬のやめどきを認めない(ブレーキ無し)
・抗認知症薬の増量を義務づけられていたこと
・点滴という文化、末期がんに高カロリー点滴
・老衰への胃ろうや鼻からの管による栄養
・なんでも脱水!と言いすぎ・・・・・


安楽死を煽るメデイアは、その前提となっている
「本人意思の尊重」にもう少し目を向けてほしい。

本人の意思とは反対の方向に進むことが、実に多い。















2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部