このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

煽り運転に見える狂気

2019年09月04日(水)

煽り運転は決して他人事ではない。
みなさんのすぐそばにある現実だ。
僕には、狂気に思えてならないが。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

1週間前、高速道路を走っていたら煽り運転にあった。

あのニュースで何度も観たことと全く同じことが我が身に起きた。

ピタッとくっついて、クラクションとチカチカが約2km
幅寄せ進路妨害の果ては、前に回って蛇行運転をつづける。

高速道路の真ん中に急停車!!

その瞬間、すぐ後ろのトラックがクラクションを鳴らしながら急停車。
バックミラーを見ながら、まさに「追突されて死ぬー!」と感じた。

怒鳴りながら降りてきて、窓ガラスを殴り始めた。
後から知ったのは、窓を開けたら大ケガをすると。

その表情は形容しがたい異様さで、あのテレビで観た
姿とそっくりで、なにか夢を見ているような気がした。


そろっと、その車をかわして走り出し、2kmほど走って高速を降りた。
バックミラーにあの車が映っていないのを確認した時、神様に感謝した。

果たして、その4日後。
また、別の煽り。

今度は、高速道路を10分走っていた間に、煽り運転を2回受けた。
これまた、幅寄せや前に回っての急停車。

前回と別に煽り車が、あと2台はいるんだ。
日本はどうなっているの???

昨日、眠る前、あの怖い瞬間が蘇っってきた。
フラッシュバック現象だ。

毎日のように煽り運転に遭うので、怖くて高速に乗れなくなった。

あの3人の狂気は、もしかしたら、日本人の狂気なのか。
なんらかの鬱積したストレスが、あのような行動の原因か。

私にも何か落ち度ががあったのだろう。

思い当たるとすれば、進入路への侵入に距離が充分でなかった?
走行車線を制限速度で走っていた?
あるいは、日ごろの悪事への天罰?


でも考えてみれば、もし私がヤクザだったら、彼らは確実に死んでいる。
自分の死を覚悟して、無作為に他人にストレスをぶつけるくる奴がいる。

一見平和な日本だが、心の底に得体の知れない閉塞感を
抱える人が急増しているのではないか、とも考えていた・・・・


非正規雇用、増税、軽減税率、ポイント還元。
なんだかどんどん、イヤな日本になっていく。

日の丸をつけて韓国で試合ができない高校生。
アメリカの言いなりになるだけの、ポチ外交。


74年前に戦死した人達がこんな姿を見ればどなんと言う。
「こんな日本に誰がした!」と、悲しむことだろう。

医療の世界も「歪んだ欲望」や「狂気」に満ちている。
ハッキリ言うなら「餓鬼道」に落ちた医者が沢山いる。

「ダメだこりゃ」、と呟いてしまうことが多い。
まあ、自戒を込めての言葉だが。

医療の原点が忘れられていることが、本当に悲しい。
とっても哀しいけども、なんともできない。無力だ。

できることは、自分自身がしっかりするだけ。
正しい道を歩んでいるか、自問自答するだけ。

答えは仏教と神道の中にある、と信じている。
人の道、正しい道、をもっと勉強しないと・・・

国家とは、「教育」だと、思う。



PS)

もしどこかで会い「お疲れのよう」に見えるのなら
それはお疲れではなく、まさに「絶望」そのものだ。

60過ぎてから、ブルーが加速している。
だからもっと刹那的に生きないと、ね。








































2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

もう高速道路は、走らないようにできないのでしょうか。
何だか、殺し屋に狙われているみたいです。
いくらドライブレコーダーを搭載して証拠を残しても、殺されてしまったら、元も子も無いと思います。

Posted by にゃんにゃん at 2019年09月04日 05:17 | 返信

時々ブログ拝見しております。勝手に身近に感じている先生にも、煽り運転の恐怖が迫っていたと知り、人ごとではない社会問題だと思いました。
丁度先ほどテレビ(朝の加藤浩次司会]で煽り運転続発のワケ、というタイトルでこの問題を取り上げていました。命の危険を感じショックも大きかったと存じますが、よくぞ、発信して下さいました。
番組では、怒りのコントロールの話など出ていました。ドライブレコーダーの設置は必須の時代到来ですね。コメントで煽られる方にも問題がないとはいえない、とありましたが、イジメ問題にも共通するのではないでしょうか。
どうぞ、ご自愛くだり、今後もご活躍いただきたいです。

Posted by 山内 at 2019年09月04日 10:39 | 返信

無差別殺人、煽り運転暴力、犬猫・幼児虐待、等々、
こういった「犯罪者の服薬履歴・処方薬履歴」を調査・公表するべきだと思います。
薬の影響が全てであると断言できませんが、違法ドラッグだけでなく、処方薬の影響が相当数に上ると予測します。
新聞報道などで、チラッと「被疑者は精神科通院歴あり」と記載されているのを見ますが、
どういった理由で、どういった過程で精神科に通院・入院し、どれくらいの量のどのような薬を、どれだけ長く処方され服薬を強要されていたのか、詳細な記述はありません。
また、そういった人間の脳を狂わせる向・抗精神薬が、ヤミ売買されている報道も目にします。言うまでもなく売るのは精神科医師。
日本の狂った精神科医療が、狂った犯罪に走る狂った日本人を作り出しているのではないでしょうか。

Posted by 匿名 at 2019年09月04日 04:12 | 返信

先生、どうぞ絶望なんてしないで下さい。先生がいてくれるだけで幸せだなぁって思ってる人達がたくさんいると思います。私もその中の一人です。今まで何度も何度も先生の言葉で救われています。病気の9割は歩くだけで治るシリーズも何度も読み返しながら習慣にして行くように心がけています。参考になることばかりでとっても勉強にも励みにも希望にもなります!本当にありがとうございます。

Posted by 匿名 at 2019年09月04日 11:24 | 返信

「煽り運転」。増えているのか、減っているのか。
大昔だが、片道4車線で大型トラックの前に割り込んだ途端、徹底的に接近追跡され、渋滞中の4車線を右に左に逃げかわすこと数キロ。トラックは、橋げたにぶつかり大破。なんとか逃げ切れたことがある。申し訳ない。

テレビのワイドショーで、「訪日韓国人おんなを襲え!」とけしかけた大学教授がいた。番組スタッフから事前に「煽られていた」そうだ。
週刊ポスト「『嫌韓』よりも『減韓』『断韓』を考える、韓国なんて要らない!」を特集した。
1年前には、新潮45が、「子供を作らない、つまり『生産性』がない」「『弱者ビジネス』に骨のずいまでしゃぶられる」という水田議員論文で特集を組んだ。
ひと月前には、官房長官や維新市長に唆された、「ガソリン放火」テロリストが続々登場し、あいち「表現の不自由展その後」を潰した。

「煽り運転に見える日本の狂気」。
官邸を発信源とする「フェイクニュース」に、メディアが火をつけ、「韓国叩き」を煽りに煽る。
「煽り運転」から逃げ回るか。「煽り運転」に同調するか。それとも。
アマゾン放火で地球の生態系・いのちの自滅を「煽る」大統領もいる。

Posted by 鍵山いさお at 2019年09月05日 09:23 | 返信

週刊エコノミストを斜めに読みますと、安倍首相は横倉医師会会長の続投を、希望されているそうですが、横倉会長は、そろそろ辞任を考えていらっしゃるとそうです。横倉会長は、お父様の時代から在宅医療に取り組んでいらっしゃったと伺っていますが、お辞めになると、在宅医療は、後退するかもしれません。
私は明治時代に曾祖父が事情があって、神道に代わったので神道で両親を送りましたけど、神道は宗教かなあと疑問に思っています。
宗教と言うとやはり仏教とキリスト教とか、自分の生き方を考えることかなあと思います。
漫才とか噺家にはお坊さんの家の出身の人が多いです。植木等さんとか、今田耕司さんとか。それは人間の生き方を説くのに、面白おかしく話した方が良くわかるからだそうです。
夫婦喧嘩とか、嫁姑とか兄弟げんかとか他人や、毎日愚痴を聞かされる御坊様から見たら、忍び笑いをしてしまう可笑しさがあるからでしょう。キリストの逸話でも「罪なき者のみ、石を持て」と言う逸話は、マグダラのマリアの逸話で有名ですが、マグダラのマリアと言う人は、その当時戦争で負けた国の人で奴隷や売春婦に身を落としていたのではないかと言われています。投石の刑罰と言うのは、古代ギリシャからある刑罰で、単に嫌がらせで小さな石を投げるのではなく、罪人が死ぬまで大きい石で傷つけるのだそうです。
古代ギリシアでは、天文学や数学、自然科学に秀でた王族の姫君がいて、頑迷な神学に反する事ばかり言うので石打の刑罰で殺されたそうです。BS103で放映していました。
天文学と言うのは、古代ギリシャでもエジプトでも、中国でもメキシコでも共通ですね。ストーンヘッジも、ピラミッドも日時計だと言っていました。
最近両親のお墓を神戸市西区の平和霊園と言う浄土真宗の樹木葬の花壇形式 のお墓に移したのですけど「有難う」と言う文字を刻みました。私自身はお墓に入れるかどうか、分からないのですけど「色々迷惑もかけたけど許してください。ありがとう」と言って死にたいものです。

Posted by にゃんにゃん at 2019年09月07日 05:07 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部