このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

在宅患者さんと最期の晩酌

2019年11月07日(木)

末期がんで在宅療養中の患者さんとご家族と酒を飲んだ。
今すぐに亡くなるわけではないけど、貴重な時間だった。
「最後の晩餐」ならぬ「最後の晩酌」にお付き合いした。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 


時々、在宅患者さんに食事を勧められることがある。

昔は、時々、それに応じてきたが、
忙しくてしばらくそんな機会は無かった。

しかし、たまたま訪問していた末期がんの患者さんとご家族から
「先生、一緒に!」とお誘いを受けたので、改めて伺うことにした。

普段の訪問診療では聞けない話が、あれこれ飛び出してきた。
患者さんとご家族の本音を聞かせて頂きとても勉強になった。

・がん性腹膜炎
・腸管穿孔

病院では、高カロリー栄養でゲーゲー吐いて、苦しんでいた。

私が主治医になった日から、高カロリー点滴を中止して自然な脱水を見守った。
数日後には劇的に元気になり、飲食も外出も可能になり、2ケ月が経過した。

たったそれだけだが、患者も家族も勇気が要る決断だ。
私だってもしそのまま亡くなったら訴えられるだろう。

果たして、結果が出た。

平穏死の本を書いてきて嘘ではないことが証明された。
平穏死を知ってくれてる訪問看護師も、見守っている。

嬉しい!

もちろんこの幸せがいつまで続く分からない。
腸管は破れているので、いつまで食べられるのか・・・


病院の医師には信じてもらえないだろう。
しかし、こうした事実を直視してほしい。

もしあの時、私に出会わなければ、1週間後に亡くなっていた。
これは、本人とご家族の言葉だが、おそらくそうだっただろう。

最後の晩酌は、楽しい。
とても喜んでもらえる。

ただし、1時間で切り上げないと、患者さんが疲れる。

もし容態が許すならば、もう一回、宴会をやりたいな。























2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

『病院では、高カロリー栄養でゲーゲー吐いて、苦しんでいた。
 私が主治医になった日から、高カロリー点滴を中止して自然な脱水を見守った。
数日後には劇的に元気になり、飲食も外出も可能になり、2ケ月が経過した。
たったそれだけだが、患者も家族も勇気が要る決断だ。
私だってもしそのまま亡くなったら訴えられるだろう。
果たして、結果が出た。』

『私だってもしそのまま亡くなったら訴えられるだろう。』・・・ここ、なのですよね。長尾先生の偉大なところは。
かなりの医師が、心の中では、長尾先生の医療方法に賛同していて、にもかかわらず「どっちみち死ぬんだから」「大病院流」に従う。
理由は「保身のため」。

長尾先生のブログをず〜っと読んでいて、正直、ハナにつくことは何度もありますが、
長尾先生の「勇気・良心・実行力」には、人間として頭が下がります。
医者は、医者である前に「患者と同じ人間」であってほしい。


Posted by 匿名 at 2019年11月08日 02:06 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部