このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

2月17日(火)

2009年02月17日(火)

病院信仰が止まらない―コンビニ受診はまだかわいい。コンビニ救急車、コンビニ入院が現実です―

 早朝に携帯電話が鳴りました。「家族が前日に足首を捻ったので今から救急車を呼んでどこかに入院させたい」という相談でした。緊急性はなさそうなので、クリニックに行く途中に往診したところ、ただの捻挫のようでした。それでもなんとか社会的入院させたいような気配も感じました。救急車と入院1回分が節約できました。

 今夜訪問した家では先週土曜日の午後、私が訪問したたった3時間後に「オシッコが出にくい」のが急に心配になり、タクシー代わりに救急車を呼んで大学病院を受診したそうです。唖然としました。「たいした事はなく1時間後には家に帰って来られました」とのことです。そりゃそうでしょう。

 このような安易な救急車要請や純粋な社会的入院があとを絶ちません。
これが日本の現実です。そして毎日が格闘です。コンビニ受診なぞまだかわいいものです。我慢強すぎて手遅れになる人がいる一方、たいした事もないのにコンビニ救急車を使い、家族の都合でコンビニ入院できることが当然だと信じている方が少なからずおられます。これが地域での実感です。「医療崩壊という現実」と「あまりにも肥大化した医療への甘え」との乖離に戸惑う毎日です。

 希望する病院に入院できないと「最近の医者は何を考えているのだ」と怒り、「お前のような力のない開業医はダメだ。俺が県会議員や市会議員の口利きでいい病院に入院させてやる」と時々言われます。「ハイハイ」と聞き口答えはしません。どうせ理解してもらえませんから。
いい病院に入院しても思った医療でないとまた文句を言います。私に文句を言われてもしょうがないのですが、時にはけ口になります。それで経過が悪ければ今度は「弁護士に相談する」に変わります。医療は崩壊して当たり前かなと、最近つくづく感じます。

 マスコミは現実を直視する責任があります。しかしいまだに「たらい回しは、けしからん」という論調の記事を見かけます。昔はそのつど抗議メールをしていましたが、最近はその気力がなくなりました。    
結局、国民の意識が変わらなければ医療崩壊は止まりません。一方、在宅医療推進というなら国がしっかり医療・介護に投資をする必要があります。政治家は「医療・介護に使途を限定した消費税増税」ともっと明確に言うべきです。 

  ところでこんな贅沢な悩みに喘いでいる国は、世界中でもしかしたら日本だけではないのか。そもそも日本はいつからこんなひ弱な国になったのでしょうか。未曾有の不景気にあっても「健康病という病気」が大流行しているニッポン。「健康であらねばならぬという強迫神経症」であるという自覚症状がないニッポン。いつのまにやらすっかり甘ちゃんになってしまったニッポン人。今日は思いっきり辛口です。

 「医療・介護を手厚く」という主張は「自分の健康は自分で守ろう」とセットでないと意味がありません。こんな当たり前のことですが、あまり言われません。辛口の話は特に政治家は言えませんし、普通の医者も同じです。私もこの日記の中でしか言えません。しかし時々、「介護保険クソクラエという感じのたくましい気概を持った後期高齢者」を見ると、それだけで嬉しくなってしまいます。

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

今日は2021年2月20日、長尾先生原作の映画「痛くない死に方」公開で、
先生が銀座の舞台挨拶に立たれる日です。マスコミで取り上げられるのが楽しみです。
地元での一般公開を待つ中、お財布と睨めっこ。買いたい本もあるけれど、ガマンガマン。
ふと思い立ち、過去のブログを順番に拝見しています(タダなので・・・けちんぼで恐縮なり)
新型インフルの記事では、昨年来のコロナの経過を思い出します。
この時の経験が、今の日本でどれ位生かされているのでしょうか。

ブログを辿る旅は2009年末まで行きました。興味深い記事が色々ありますが、
「いつのまにやらすっかり甘ちゃんになってしまったニッポン人」が強く印象に残り再訪。
長尾先生はじめ志ある方々が、医療や介護を改善しようと声をあげ尽力されているのに、
その足を引っ張る大きな手があり、無知なままでいる人(私も含め)がそれに手を貸しています。

2本の映画で知らないことを知る人が沢山増えて、甘ちゃんニッポンから脱却できるといいです。
12年前の先生が綴られたブログにコメントを入れるのって、不思議な感じです。

Posted by taco at 2021年02月20日 02:44 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会