このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

いのちの食事

2010年11月18日(木)

末期がんでも、ほぼ最期まで食べれます。
老衰でも、誤嚥しながら最期まで食べています。
生きるとは、食べること。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

ある末期がんの方の、食事日記を一緒に眺めていました。
おかゆや、くずゆを、上手に食べています。
満足そうに、「先生もいい食事をしてください」と励ましてくれました。

ある老衰のかたも、意識朦朧状態で食べています。
数日前から危篤状態ですが、まだ食べています。
誤嚥も関係ありません。

まさに、生きることは、食べること。
「いのちのスープ」の辰巳さんではありませんが、まさに「いのちの食事」。
食べるということの「真理」に、あらためて驚かされます。

明日の産経新聞兵庫版朝刊には、がんシリーズ第6弾として
「がんの食事療法」について書きました。
ご一読ください。





 

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

私も終末期になったら毎日美味しい果物と大とろ三昧希望です。
何を食べたくなるのか想像つきませんが。
東京なら何でも探せるでしょう♪

食物に関連して。
今日新商品アイート(I eat から名付けた由)をやっとお試しできました。
10/17の朝日新聞に「舌でとろける病院食を市販」というタイトルの記事が載りましたが
記事を引用すると「味も見た目もすき焼きや焼き魚。口の中ではマシュマロのように溶ける」「酵素の力で通常の食事の一千分の一に軟らかくなった」「病院の臨床研究で口にした患者から、家でも食べたいとの声が相次ぎ22日から市販」と。

早速注文したのですが、注文殺到で遅れますとのご挨拶が郵送されてきて、本日やっと入手しました。15種の献立の内、自分の好きな献立の4種類を頼んでみたのです。
夕食終わっていたにも関わらず、早く試してみたくて「鶏とジャガイモのバター醤油」をチンしました。

結果・・・見た目そのまま、軟らかいです! 美味しいです!  
たんぱく質に野菜が取り合わせてあるので便利そうです。
他に頼んだのは「すき焼き風寄せ煮」「酢豚風甘酢煮」「銀鮭の塩焼き」
これからちょっと楽しみ。お値段は1種400円前後。送料710円と代引き料315円かかりました。ネットで注文出来てカード払いが理想ですが。
宣伝ではありません(株主でもないし)  情報提供のみ。

Posted by 梨木 at 2010年11月18日 09:06 | 返信

生きることは、食べること。
まさにその通りですね。
がんになっただけでも、
計り知れないぐらいショックなことなのに
主人は、最近まったく食べれなくなりました。
食べることが生きがいだったのに・・・
生きる気力が無くなりつつあります。
せめて食べれるがんだったら良かったのに・・・

Posted by はこ at 2010年11月18日 10:49 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部