このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

関寛斎の志と医療連携

2010年12月20日(月)

日本医事新報11月21日号の、「プラタナス」という巻頭言に文章を依頼され、
書いて、掲載された。町医者には大変光栄なことだ。
いろんな人から、感想等の連絡を頂き、反響の大きさに驚いている。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

関寛斎の志と医療連携

 

町医者に身を転じて15年。最近、入り口横に「医療・介護よろず相談室」という小屋を構え、週末には怪しい占い師のように道行く人々の相談に乗っている。堅苦しい保険規則や訴訟リスクとは無縁の匿名相談は、大変楽しくやり甲斐がある。相談の多くは、認知症や介護関連だ。私は「午後から在宅」医でもある。在宅での最期はほぼすべてが尊厳死・自然死であり、実に素晴らしい世界だ。しかし、この素晴らしさを大半の医療者が知らないのだから、市民が在宅に関心を持たないも当然だろう。一方、8割の人が人生の最期を病院で迎えるという世界でも例を見ない現実を、医療者自身がおかしいと感じないのが不思議でならない。あまりに専門分化しすぎた医療、偏った医学教育の当然の帰結であろう。

在宅医療を、がんと非がんに分けて考えてみたい。非がんの代表格は認知症。末期がんの在宅期間が平均1.5ケ月であるのに対して、非がんはその数倍以上にも及ぶ。すると介護力が続かず当然レスパイト需要が出る。しかし急性増悪時やレスパイト入院先を探す日々の苦労は大きい。そんな中、「療養病床廃止が凍結」との知らせを喜んでいる。療養病床は日本人の文化だ。むしろ志の高い良質な高齢者病床を増やして「在宅医療の急性増悪」に素早く対応し、「看取りの文化」を国民と共有する、「在宅医療を核とした地域包括ケアシステム」を、広く啓発することが至急の課題ではないか。

日本の医療費の6割が65歳以上の医療費。だから医療問題とは高齢者医療そのもの。しかし本来主流となるべき老年期医学を本気で教える大学はまだ少数派だ。急性期ばかりに目を奪われ、慢性期は何でもかんでも在宅に丸投げという政策では困る。一方、特養、老健、療養病床の役割が不明瞭化した現状、これらの再編は必至だろう。さらに最近「高専賃」が隙間産業として繁栄している。一部は貧困ビジネスの温床となり、介護事業者のモラルハザードが問われている。医師のそれは介護系に比べたら格段高く、非営利と営利の差は想像以上に大きかった。その「施設での看取り」がなかなか進まないのも大きな課題だ。今こそ「日本人の死生観の復興」と「在宅と病院の密接な連携」を模索する時が来た。

去る1015日、北海道陸別町で関寛斎の没後98年の式典に参加した。関は佐倉順天堂で学び、長崎のポンペから最新医学を習得。その後、阿波藩御典医や戊辰戦争の際の官軍野戦病院長、徳島藩医学校一等教授、開業医を経て72歳にして北海道の開拓に入植。極寒の北の大地での開拓と医療活動に身を投じた。彼は先端医療、予防医療、総合診療、在宅医療、地域医療連携などを100年以上前に実践した日本の医聖だ。司馬遼太郎も小説「胡蝶の夢」で彼を描き高く評価した。私は、医師が「関寛斎の志」を持ち、「在宅と病院の連携強化」することで、日本の医療は劇的に変わると確信する。

 

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 公益財団法人日本尊厳死協会