このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

スイスから福島を想う

2012年06月14日(木)

スイスにいても、福島の質問が飛んでくる。私も被災地のことは忘れてはいない。
以下、南相馬市の大町病院の佐藤先生の文章を転載させていただく。
何度も何度も繰り返し主張してきた「移動という尊厳」させあれば少しは役に立つのに・・・
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

被災者全員に期間限定でもいいから
新幹線、鉄道、バス、タクシーの無料パスを発行する。

「移動」という尊厳を与えることはできる。
それで救われる命がある・・・

・産経新聞全国版
・朝日新聞電子版(何度も)
・著書(共震ドクター)
・MRIC
・医療系雑誌
・個人ブログ
などで、何度も何度も繰り返し発信してきた。

しかし、何も変わらない。
個人がほざいても何の意味も無い。
悔しさだけが残る。

以下の佐藤先生の文章を読むと、また悔しさがこみ上げてくる。
政治家のみなさまのお願いするしかないのだが・・・



南相馬市大町病院の佐藤です。512日以来の投稿となります。

 

入院患者数は59名となりました。6月から定床が70床から80床に増えました。

全国から看護師さんたちが大町病院に来てくれるようになりました。遠くは大阪から

来てくれた看護師さんもいて、関西弁?で明るい会話も聞かれるようになりました。

 

定床数は増えましたが、入院患者は増えていません。恐らく急性期に対する病床がほ

ぼ充足されてきたのだと思いますが、逆に慢性期や介護ベッドの病床が足らず、いわ

ゆる医療難民が増えつつあります。本院も以前のようなケアミックス型の病院に戻し

たいのですが、新たに(療養)病床を開設するにはまだ看護師数が足りません。

 

最近『クローズアップ現代』で急性期病院から退院させられていく患者が取り上げら

れていました。どこの地方でもあり得ることかと思いますが、少なくとも「救急車を

呼ぶな」とは言わないようにしています。むしろ「具合悪くなったらすぐ来るように」

と指導しています。そう言っておいた方が家族の安心を呼ぶからです。また、本院は

退院勧告は医師から行います。在宅へのサポートは看護師も行いますが、ストレスの

多い退院勧告や支払い請求などは看護師から言わせるべきではありません。

 

今病院で困っていることは、赴任してくれる医師(6月から消化器科に慈恵会医大の医

師が赴任してくれました)や全国から来てくれている看護師さんたちの住まいがないこ

とです。看護師さんには空いている(産科と介護ベッド)病室を使ってもらっています

が、これも当初は当局?からまかり成らぬと言われましたが、事務次長が何度も折衝し

許可されたことです。恐らく市立病院などでも困っていることかと思いますが、住居

ほど『攻め』の施策が必要です。2年後と言われる仮設住宅からの住民の居住先として

も抜本的な住居の建設が必要です。いっそのこと空間線量の低い海沿いの土地を8割で

はなく10割で買い上げ、3階以上を居住空間としたマンションを造ったらと思います。

(津波に遭った人は同じ場所には戻りたがりません。昨年までは津波に襲われた土地は

二束三文にしかならないと嘆いていました。)

 

赴任してくれた医師も家族を呼んでまでとは考えてはいないようです。放射能のリス

クがいくら下がったとは言え、小さい子どもの家族を住まわすほど安全だとは言えな

いということです。患者さんも有り難いとは感じながらも、東京から来てくれた医師

に、本心を語ることはありません。

 

長く南相馬に留まってくれる(永住してくれる?)ようにするには家族を近くに呼ぶしか

ないと思います。多くのMRさんがやっているように、(会社で)仙台のマンションを借

り上げ通勤してもらうようなことを考えていかねばなりません。26年度と言われる相

馬以北の常磐道開通が待ち遠しく感ぜられます。

 

短期出張のためのホテルも南相馬や相馬は常に満室です。原町火力発電所の復興や除

染作業のために多くの作業労働者が全国から集まってきてきているためです。時々病

院にも地元の病院から出ていた薬をと来院するようになりました。長期処方を希望さ

れるので住所を見なくても分かります。

 

原町火発の復興は見違えるようです。あっと言う間に鉄塔が立ったと思ったらその1

間後には送電線が張り巡らされていました。送電線は南の福島第一原発のほうに向かっ

ていました。原町火発は東北電力の施設です。でも送電線は今後住めるか分からない

南の方を向いているのです。復興、復興と言っても地元のためと言うよりは原発事故

収束(これはある程度仕方がないが)のために行っているようなものです。

 

最近救急車で高校生が過換気症候群で運ばれてきました。小高区にある高校で原町高

校にあるサテライト高に通っているのですが、親は郡山で別に生活しており、親元か

ら離れて通学する生徒は市内の旅館に寄宿し、(教師ではない)高校職員と一緒に生活

していると。たまたまもう一人の生徒が居なくなったときに発症した過換気でした。

今回2回目ということで、翌日心療内科の先生に紹介しましたが、旅館が寄宿舎として

使われていることなど、南相馬の住宅事情?の異常さを知らされる一件でした。

 

過呼吸もストレスを発散できない症状の一つですが、自殺者が増えてきていることも

否定できません。最近は小高区の住民の自殺がありました。

http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2012/06/post_4175.html


この416日に小高区が避難区域が解除となり、自由に立ち入ることができるようにな

りました。ただ、上下水道は使えないのでトイレは使えず、ゴミ収集は行わず、仮設

住宅まで持っていってもだめとなると長くは居られません(そのためか夜間居住禁止と

なっています。)本院にも小高区に居た職員がいますが、家の中はネズミの糞やクモの

巣で住める状況ではないと。私も物珍しさも手伝って小高区を見てきましたが、今も

海となっている井田川地区や、市内の崩れた建物など、復興の始まった宮城や岩手と

は明らかに違う風景をみることができます。(住民の人は快く思いませんが)是非野田

首相や大飯町の住民に見てもらいたい、家族で来て貰っても良い、この海となった底

に何人かの人は沈んでいる、その屍を探せないのはあの原発のためなのだと。

 

原発のために命を落とすことは無駄です。それで政策は変わりません。病院に来ない

人たちが少しずつ将来に希望が持てなくなって命を落としていくことが心配です。

 

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部