このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

介護認定調査票は開示可能

2013年04月24日(水)

今日は、今年度第1回目の介護認定審査会だった。
8年目にして望んでもいない委員長になってしまった。
といっても認定についてなだまだ勉強不足なんだが。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

在宅をやっている医師は、最低12年はデユーテイだそうだ。
2000年から12年やって卒業した医師から教えられた。
ならば、あと4年、委員長をすれば卒業なのか。

委員会は5人で構成される。
多数決の時、困らないように奇数になっている。
新しい、メンバーが2人いた。

1人は、全く初めて。
1人は、大ベテランの移籍組。
時々、このようなメンバーの入れ替えが行われている。

普段の3倍の時間を使って、審査をした。
ゆっくりなので実にいろんなことを考えた。
いつものような素朴な疑問はもちろんだが。

精神障害者が新規申請してきたが、調査員の判定は、「非該当」だった。
可哀そうに思い、入力して要支援1に上げようと思ったが、しばし考えた。
この患者さんは、介護認定を受けると自立支援が使えなくなるのだ。

介護保険の非該当獲得のための要介護申請。
介護保険優先の原則があるのでそうなるのだ。
しかし危うく、介護認定にしてしまいそうだった。

今日、またひとつ発見した。

調査員の診断書は、希望があれば、後見認定のために開示できるそうだ。
ちなみに医師意見書は開示できない。

ということは、本人が後見の申立人になった場合、
本人は、調査員の書類を見れるということ。

それを持っていって、かかりつけ医に完璧な診断書を書いてもらえば
「鑑定」に回ることはまずない、ということ。

日本の制度は縦割り。
しかし横糸の視点で見ると、いろんな発見がある。

その後、ある会社の産業医として職場巡視と会議、健康相談。
昨日も、2件の産業医業務。
その間に、沢山の訪問診療と往診。

先週から来ている研修医君を、昨日は同伴した。
いつもそうだが、研修医君が見るのは、僕の1日のせいぜい4分の1。
それでも見ないよりずっとまし。

先日は、看取りが4件もあった。
だから朝も夜も、右往左往している。
中年の空回りは、みっともない。

しかしそれでも、しょうがない。
医療は相手に合わせるのが基本だ。
あっと、言う間に、4月も下旬になった。
 

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部