このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

タバコでリラックスはウソ

2013年06月10日(月)

タバコでリラックスできると信じて疑わない喫煙者が多い。
しかし、実際は、タバコでストレスが増大するのだ。
そんな馬鹿な!と思われるだろうが、それがタバコの罠、ニコチン依存症の怖さなのだ。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

タバコの生涯コスト1600万! 効果満点の「リセット禁煙」とは

http://president.jp/articles/-/9495


タバコの恐るべき洗脳システム


「君、社長がお呼びだぞ」

上司からこう声をかけられたら、どうだろうか。喫煙者なら、喫煙ルーム

に駆け込んで一服することだろう。タバコはストレス解消の万能薬。1本吸

えば落ち着きを取り戻せる。では、非喫煙者はどうか。彼らはタバコを吸

わずに、どうやって気持ちを落ち着けるのだろうか。

こうした、ストレスを浴びた瞬間の喫煙者と非喫煙者の行動の差に、楽な

禁煙のヒントがあると言うのは、禁煙セミナー.comを主宰する山崎裕介氏

だ。


「非喫煙者はタバコを吸わずにストレスを乗り越えますが、喫煙者はタバ

コを吸わずにはいられません。このように彼らは、タバコはストレスを解

消してくれる戦友だと思っていますが、実は、ストレスを生み出している

のはタバコ自身です」

 

タバコが、ストレスの原因とは?


「喫煙者は一定時間タバコを吸わないと、イライラしてきますね。タバコ

を吸うとこの不快感が瞬時に解消されるので、タバコはあらゆるストレス

を解消してくれる素晴らしいものだと思い込んでしまう。しかし、イライ

ラするのはそもそもニコチン切れのせいであり、これはタバコ自体がつく

り出しているもの。この仕組みに気づけば、禁煙は簡単なのです」

こうした、「気づき」を重視する禁煙法を「リセット禁煙」と呼ぶ。吸い

たい欲求を抑えつけるのではなく、気づきによって吸いたい欲求自体をな

くしてしまう。だから、成功率が高いとされる。

山崎氏の試算によれば、20歳から70歳までの50年間タバコを吸い続けた場

合、タバコ代とタバコを吸うことによって生じる諸費用(医療費やコーヒ

ーなどの嗜好品費)の総額は、1600万円前後になる。タバコがつくり出し

たストレスをタバコで解消するためにこれだけの出費をしていると思うと

馬鹿馬鹿しいが、それでもタバコを手放すのは辛い、いや怖い。これは

喫煙者にしかわからない心理だと思うが、禁煙するのはとても不安で、恐

ろしいことなのだ。


夫のタバコをやめさせるために費用面の話をしても意味がないのは、無駄

な出費であることをいくら力説したところで、禁煙の恐怖を打ち消す力に

はならないからである。

こうした喫煙者の心理の背後には、タバコの恐るべき洗脳システムが働い

ていると指摘するのは、トヨタ記念病院禁煙外来の磯村毅医師だ。タバコ

の本当の恐ろしさは、慢性的な作用によって喫煙者の性格を変えてしまい、

タバコなしでは生きられなくする点にある。その手口は、「2重洗脳」と

でも呼ぶべき巧妙さである。

「ニコチンは強烈な薬理作用で脳のドーパミン神経を刺激し、ドーパミン

を無理やり出させます。ドーパミンは幸福感をもたらす脳内物質ですが、

喫煙を続けていると無理がたたってドーパミン神経が弱ってしまい、自力

ではドーパミンを出せなくなる。癒やしの脳波であるα波も減少してしま

います。つまり、タバコを吸っている瞬間にしか幸福を感じられない人間

になってしまうわけです」

タバコによって喜びを奪われ、タバコにしか喜びを与えてもらえない。こ

れが磯村氏の言う2重洗脳だ。こんな状態に陥ったニコチン依存症者にとっ

て、タバコを失うのは心の支えを失うのに等しい。だから禁煙することが、

不安で怖いのだ。


「禁煙には、体の禁煙と心の禁煙があります。ニコチンは禁煙をはじめて

から3日間で完全に体外に排出され、喫煙衝動もわずか23分しか続きませ

んから、体の禁煙は簡単です。喫煙衝動がきたら、これはタバコによるイラ

イラなのだなと意識しながら凌ぐ。難しいのは心の禁煙。タバコが不安を植

えつけ、その不安をタバコが解消しているという自作自演の構造に気づいて

ほしいですね」

 

なぜ、禁煙に失敗するのか


心の支えだと思っていたタバコが、実は、一層依存させることを目論むペテ

ン師だったとしたら……。そんな奴とはオサラバしたい!?と誰もが思うだ

ろう。だが、せっかく達成した長期の禁煙記録が、たった1本の「もらいタバコ」でもろくも崩れ去ってしまう経験は、喫煙者なら1度や2度はしたことがあるはずだ。なぜ、禁煙の継続は難しいのだろう。


「タバコでリラックス」はウソ


1度、自転車の乗り方を覚えると、一生忘れることはありませんよね。実は、
タバコも同じことなんです」(磯村氏)

初めてのタバコはまずい。それを無理して吸い続けていると、ある日うまい

と感じる日が訪れる。この間、約1カ月。継続的な喫煙によってドーパミン神経が弱り、タバコを吸った瞬間だけドーパミンが出るようになって初めて、タバコをうまいと感じる。喫煙者は「大人になれた」などと喜ぶわけだが、実は、タバコをうまいと感じる回路が完成した瞬間は、洗脳が完成した瞬間だったわけだ。そして、自転車の乗り方同様、1度繋がった回路は一生消えない。だから、たった1本のもらいタバコで回路が活性化し、いとも簡単に禁煙は破られるのだ。「油断をしないことです。前回禁煙に失敗したのは、自分が情けない人間だったからではなく、回路が消えないのを知らなかったからだと考え、1本でも吸ったら元に戻るのだと肝に銘じることです」

しかし、ひとりで禁煙を続けるのは辛いことだ。依存度が高い場合はなおさら。タバコの禁断症状は麻薬に比べれば軽微だが、なかには幻覚が表れるほど激しい禁断症状を経験する人もいる。禁煙外来の力を借りるのも手だろう。1994年に日本初の禁煙外来を立ちあげた東京女子医大の阿部眞弓医師は、メンタル、身体の両面で禁煙を手厚くサポートしている。阿部氏が特に重視するのは、禁煙の動機だ。

「自分なりのはっきりした禁煙動機があると成功しやすい。病気の治療に必要だったり、スポーツの能力向上や、海外旅行をするためといった具体的な動機だ。漠然と健康のため、というだけでは弱いので動機を強くするための介入を行います」

 

目標設定の仕方も重要だ。


「一生吸わないなんて大目標を立てると、達成感を得にくい。山登りのように、
1合登ったら景色が変わったね、じゃあ次の1合もがんばってみようかというように、手の届く範囲で小刻みな目標を設定し達成する。この成功体験によりオレってすごいなぁと自己効力感を味わうことができます。こうして11日禁煙を継続していくのがポイントです」

 

配偶者との関わりも成功を左右する。

「今回は本気で禁煙するから応援してほしいという言葉を、『私メッセージ』で妻に伝えてもらうようにしています。そうすると妻のほうは『禁煙続いているんだ、すごいね』と応援してくれます。夫の禁煙に興味と期待を持ち、信じてあげることが大切です」

前出の山崎氏によれば、愛する夫にタバコをやめさせたい一心でセミナーに参加してくる、非喫煙者の妻もいるという。

「思いやりのない配偶者の言動は禁煙への抵抗を生み、逆効果。『愛のない妻よりタバコのほうがいい』と言い切る男性が実在することを、奥様は肝に銘じてほしいですね」

 

最後に、阿部氏の禁煙外来にかける思いをお伝えしておきたい。

「私の専門は呼吸器です。肺ガンに罹った患者さんが、それでもタバコをやめられない姿を見て、こんなことはあってはならない、なんとか禁煙指導ができないかと思ったのが原点です。喫煙者は、なんてもったいないことをやっているのでしょう。日に何度も発癌物質をふりかけられ、肺が、肝臓が、血管が、大切なあなたの命が泣いているんですよ!」何を隠そう、筆者は禁煙7日目。禁断症状は、ほぼなくなった。2度と、タバコに騙されることはないだろう。

 

 

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部