このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

病院が推進する地域包括ケア

2015年01月10日(土)

一昨日、東埼玉総合病院の中野智紀先生の講演を拝聴した。
埼玉県は医療過疎と言われるが、なんと地域の病院が
地域包括ケアの火付け役の中心を担っていた。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 
もちろん主役は地域住民。

そこに火をつけるのが、病院の医師であることが現実にあった。
はじめて知った、暮らしの保健室のような地域包括ケア。

主役は、実はヘンな看護師。
コミュニテイナースとという。

暮らしの保健室「菜のはな」という。
住民と行政の間に、キャストが入る。

住民主催の地域ケア会議が実現している。
医師会がバックアップしてるのも凄い。

考えてみれば、病院が一番人材が豊富。
あとは、外に出る快感を知るだけなのだ。

地域が病院。
今の病院は牢屋。

できれば、地域という病院で過ごしたい。
Aging in Place。

Integratede careを模索した結果なのだ。

幸手市には、丁度1年前に行って講演した。
雪が残っていたのが印象的。

社会医療法人ジャパンメデイカルアライアンスは、
中野先生という素晴らしい人材を有している。

彼は弱冠、まだ30代と聞いて、気が遠くなりそうだった。
若いって、いいな。

地域包括ケアは、やればできる。
病院がもっともできるできる立場にいる。

そんな想いを強くした、今年最初の勉強会だった。

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

 地域包括ケアの根っ子は、いわゆる”がき大将"が居た時代の心根なのかな、と思っています。都会の下町で生まれ育ちましたが、かろうじて知る事ができた世界観です。いつの時代もリーダー的な存在、素質の持ち主は必ず居て、人を引きつけ引っ張る役割を担っていました。そして周囲も其々の個性で自ずと役割や存在感を示して、『仲間』意識が持てることによって楽しく幸せな空間を皆で共有していた、そんな時代です。在宅、地域が中心の世界観に戻ることが必要ということは、そんな良き時代に立ち返りましょう、という社会的な意識改革が必要なのでしょうね。

Posted by もも at 2015年01月10日 08:26 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

安楽死特区

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部