このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

母を病院で死なせたくない・・・

2015年09月15日(火)

「食べられなくなったら終わり」が口癖の母親を病院で
死なせたくない、と悩む娘さんからの質問にどう応える?
「きらめきプラス」の連載誌上では、こう回答したが。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 
質問
「食べれなくなったら終わりだ」「食べれるうちは生きる」が
口癖の母を病院で死なせたくない
 
「心不全で入院後、91歳の母は食事ができなくなりました。主治医からは、点滴だけでは栄養が足りないので、胃瘻にするかどうか尋ねられました。母は、入院した時から「チューブに繋がれてまで生きたくない、余計なことをしないでほしい」と言っていたので、延命措置は望まないと、主治医にはっきり伝えました。以前から胃瘻を含めた延命処置を希望していない母のためにも病院を出て家で母と過ごし、家族で母を看取りたいと考えています。在宅医療を受ける為にはどんな準備をすればよいのでしょうか?よろしくお願いします。」
 

私の回答 → こちら

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

「食べれなくなったら終わりだ」「食べれる
うちは生きる」が口癖の母を病院で死なせた
くない ・・・・・・・・ を読んで


そして、“きらめきプラス”の中に掲載され
ている長尾先生の“お答えします”の記事を
読んで、“その通り!”と思う自分と共に、
“何かが違う!”と思う自分も感じています。


日本は医療が進んでいる!世界の最先端か
どうかはともかく、世界水準であることは
その通りと思いますが、私は日頃から“高齢
期において、(日本の)医療が必要以上に介
入し過ぎる”のではないか? と感じています。


なぜそう思うのか? 長尾先生の今回のブログ
で理由が分ったような気がしています。


「食べれなくなったら終わりだ」「食べれるうち
は生きる」・・・・・ は、至極当たり前に聞こえます
が、ここに論理のすり替えがあるように思います。


「食べれなくなったら終わりだ!」「水分を摂ら
なくなったら危ない!」は真実ではありますが、
高齢期や終末期においては、『身体が欲していな
いから、食欲がなくなる』のであり、『身体が
必要としていないから、水分すら口にしない』
のではないか? と、私は思っています。


“胃ろう”や“経口栄養補給”などの処置によ
って、本来必要のない“栄養分”や“水分”を
強制的に体内に送り込むから、本来であれば
枯れるようにやせ細って苦痛も少なく死んで往
けるところを、徒に苦しませているのではない
か? と思っています。


医療が根源的に持っている『1分でも1秒でも
長生きさせる! その人のQoLに関わらず』
がもたらしている弊害がそこに集約されている
のではないか? と私は思っています。


『身体が必要としていないから ・・・・・ 食べない!』
『身体が必要としていないから ・・・・・ 水分を摂らない!』
という自然の摂理に反するような、“胃ろう”や“経口
栄養補給”はそろそろ止め時なのではないでしょうか?


もちろん若年者や特別な病で、“胃ろう”を造ること
によって、その人の人生を全うすることが出来る場合
は、“胃ろう”も“経口栄養補給”にも大賛成です。

Posted by 小林 文夫 at 2015年09月15日 09:11 | 返信

こうした簡潔明瞭な資料が、介護支援専門員の世界で普通に読まれ、ケアプランに反映できるよう、先ずは職場の同僚へコピーして広めていきます。
長尾さんの地域で働くケアマネジャーが羨ましいです。

Posted by 平穏CM at 2015年09月15日 10:05 | 返信

今日SNS広告で、認知症診断(有料)がフィードに現れました。
広告を目にしてから、HP URLを探し、その会社概要であるとか、概念とかの情報を探すべく、
奥の方を手繰って読みましたけれど、即、アリセプトを始め薬剤名が紹介されていました。
また初見の広告には「初期の認知症は早期発見で回復する」という文言があって、「違うだろ!」と
落ち着かない気持ちになってしまいました。皮肉にもオレンジ系な色味を施したサイトです。
仕込みなのか、書き込みコメントには精神科受診を掲げる人もありました。
こちらに書き込むか否かも迷いましたが、医療分野での規制はないのですか?
見てしまったドキドキが止まりません。

Posted by もも at 2015年09月15日 11:55 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部