このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

「ハッピーエンドの選び方」を試写会で観た

2015年10月15日(木)

11月28日全国公開予定の映画「ハッピーエンドの選び方」を試写会で観た。
沢山の賞をとった日本では珍しいイスラエル映画だ。
多くの人に観て、考えて、語ってもらいたい映画だ。


2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 
私なりの感想を述べたい。

この映画はとても深い。
いろんなテーマが散りばめられている。

老い、終末期医療、認知症、そして夫婦愛からLGBTまで。

イスラエルという国には行ったことは無いが、どんな国かよく分かる。
法令遵守に厳しく、安楽死は日本と同様に殺人罪である。

緩和ケアも日本とはかなり違うし
認知症に関する社会認識も違う。

認知症になれば老人ホームから介護施設に移らないといけない。
もちろん在宅医療システムも無いようだ。

日本とイスラエルの文化の差を強く感じた。
自己決定に関する認識もかなり違う。

同性愛、救急搬送の実態、がんの終末期医療も描かれている。

自分の人生の最終章を自分で終わらせるのか、
終わりを待つのか。

前者は、安楽死やや自殺幇助と呼ばれているが、この映画に描かれているのはチト違う。
まったく新しい、ハッピーエンドの選び方がどこかコミカルに描かれている。

高齢者のみなさまは、
終活もいいけど、老いをリアルを描いたこの映画を観て欲しい。

子供世代には、親が何を望んでいるのか、親孝行とは何かを考えて欲しい。
日本の医療問題は、実は、子供世代(50~60台)の問題でもある。

そして、若者には、には、安楽死とか法律といった先入観を持たずに観て
語り合って欲しいな。

医学部入試の2次試験の小論文にピッタリの作品。
不思議な議論になるはず。


私の結論は

老いても愛は残る! 


「ハッピーエンドの選び方」は、11月28日(土)全国公開→こちら

実は、この日は新神戸オリエンタル劇場で近畿を代表する在宅医
による「劇団ザイタク」が演劇をすることになっている。

「ピンピンコロリなんか無理なん、知っとう?」→こちら

奇妙なご縁を感じた。




2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部