このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

認知症本人と介護家族の語りから学ぶDIPEx JAPAN

2016年06月04日(土)

「認知症本人と介護家族の語り」によって認知症の人が生きていきやすい
社会の実現を目指す研究が、世界中で行われている。
研究者の一人である東京理科大学の後藤恵子氏の講演を拝聴した。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 
日本では、DIPEx JAPAN というHPで知ることができる。
DIPEx JAPAN → こちら
 
DIPExは、2001年にオックスフォード大学から始まった。
DIPEx =Database of Individual Patient Experience
 
 現在は、Healthtalkingonline   Youthhealthtalk に改変されている
 
日本では「健康と病いの語りとデータベース」という
 
5つのテーマ
27の項目
476の語りを包含
16項目に本人の語りがある。
 
認知症の人の話を聞くと考えがまったく変わるだろう。

また、乳がんや前立腺がん患者さんの語りもある。


聞いた役にたったならば、「ありがとう」ボタンを押してね。


ついでに、このブログの2つのクリックもよろしくお願いします。

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

DIPEx JAPAN ホームページ上にあります、理事長挨拶と沿革を興味深く読みました。
..理事長挨拶より抜粋..
「病いの経験の研究には何か根本的なものがあり、それが我々一人ひとりに人間のありかたについて、
患うことや死をも含めて、普遍的な何かを教えてくれる」
これは医療人類学の草分けとも言われるアーサー・クラインマンが、「病いの語り」(誠信書房/
江口重幸他訳)という本の中で述べた言葉です。
患者の語る言葉に耳を傾けることの大切さを知らない医師はいないと思いますが、それは飽くまでも
病気(Disease)を中心にした理解に過ぎませんでした。
病むこと(Illness)が、その患者にもたらす生活の変化、社会的・経済的変化、家族や友人との関係
不安・怒り・悲しみ・喜び・諦め・勇気・知恵、その全てを知ることで、はじめて病気と患者の全貌が見え
てくるのです。
患者とその家族は、日々の生活の中で、病気とつきあって行くさまざまな知恵や方策を自然と身につけ
てゆきます。彼等の言葉は、医師や看護師たちが考えた理論だけでは到底解決できない難問にもみごと
な答えを与えてくれます。
.......
人をまるごと診るためには欠かせない、心の内を知るためのデータベースと分かりました。
理事長が述べておられる理念に、賛同して下さる医療関係者が増えてほしいと思いました。
以前apitalサイト内でも、実際に自分の病気を語るための活動を呼びかけると同時に、カフェを
営むNPO主催者の連載を読みましたが、実際に公衆の面前で語るまでに至るハードルは、とても高いと
感じました。インターネットサイトを駆使する方法は広く語り部を増やす事ができますし、
視聴者を増やす、拡散するのにも効果的だと思います。
DIPEx JAPAN の整然としたホームページ・サイトは読み易く、参加し易いと思います。
2009年に東京都よりNPOの承認を得られたとありました。
どの市町村にも福祉的なNPO法人が、多く在りますが、こういったサイトを持つことができたなら
活動の幅が広がると思うのだけれど、そのハードルもまた高いのです。
市町村で取り纏めた単位(共同)でも良いので、IT活用が可能になればいいナと願います。
そして医療的にも福祉的にも、専門的な人材に参加して頂けるチャンスが到来して欲しいです。

Posted by もも at 2016年06月04日 11:30 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部