このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

「痴呆症」は差別用語なのか?

2016年10月07日(金)

松井知事がツイッターで江田議員のことを「痴呆症」と書いて騒ぎになっている。→こちら
「痴呆症」は本当に差別用語なのか?
これを「差別だ!」と書きたてる記事ほうが差別的だと感じるのは私だけなのか。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 


日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事は6日、民進党の江田憲司代表代行を批判した
自身のツイッターの投稿内容に関し「表現として不適切だった」と謝罪、撤回した。
インターネット上で「差別的表現」などと指摘されていた。府庁で記者団に語った。

松井氏は5日夜、江田氏が日本維新を批判するニュースを取り上げ「かわいそうに、
痴呆症の症状が見受けられます」などと投稿。6日昼にツイッターで「不適切な表現で、
謝罪の上撤回する」と書き込んだ。記者団には苦痛に感じた方におわびしたい」と語った。

厚生労働省は04年、侮辱的な意味が含まれるなどとして「痴呆症」から「認知症」
に用語を変更した。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


「痴呆症」が差別用語なのか?

ひとを「痴呆症」と呼ぶことが差別的なのか?

では、「認知症だ!」と言えばよかったのか?
それでもダメだというのか?

では「ボケ」ではどうなのか?

「痴呆」と「ボケ」は違うのか?

漫才でいう「ボケ」と「突っ込み」の、「ボケ」もダメなのか・・・・


つい12年前までは
「痴呆」だった。

「日本痴呆学会」は、現在は「日本認知症学会」と名を変えた。
「認知症の人と家族の会」は、「痴呆の人と家族の会」だった。


私はタイトルに「ボケ」という言葉が入った本を2冊書いていた。
「ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!」
「家族よ、ボケと闘うな!」

しかも2冊とも売れているが、なぜこれにはお咎めがこないのか?
外国では翻訳本まで出ているのだが。

一番の差別は12年前に
「認知症」という病気を造り、薬漬けにしたり、閉じこめていることだと思うのだが。
 

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

「痴呆症」は差別用語なのか? ・・・・・・・ を読んで


日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事が、6日 民進党
の江田憲司代表代行を『かわいそうに!痴呆症の症状が
見受けられます!』と評した件については、痴呆症・
認知症の言葉使い以前の問題として、政治家としてNG
と私には思えます。
この文脈で、『かわいそうに! 脳梗塞の症状が見受け
られます!』 と発言しても、政治家としての松井知事
の発言は糾弾されるべきものと思います。
要は、 “症状” や “病名” で、一括りにして、他人を
評価することは適当ではないと思います。 この場合
松井知事は 『かわいそうに! ○○さんは、正しい現状
認識が出来なくなってきていますネ!』などと表現すべ
きであったと思います。
痴呆症だから、差別語! 認知症だったら、OK!と
いうような話ではないと思います。
私は、『あなたは、痴呆症!』と言われたら、反撥を
覚えると思いますが ・・・・・・、 『あなた、ちょっとボケ
て来てますね!』 と言われれば、もう歳ですから
歳相応に ・・・・・・、と笑って受け流せるように思います。
もっとも言われる人にも依りますが ・・・・・、丸ちゃん
(丸尾さん)に言われたら、納得するかも知れません。
でも、長尾先生に面と向かって、『アンタ! ボケてます
ネ!』 と言われたら・・・・・・、どうなんでしょうか???

Posted by 小林 文夫 at 2016年10月07日 01:08 | 返信

有吉の原作だったでしょうか、1973年映画化された『恍惚の人』を観たのは、つい最近。
森繁と高峰がなつかしい。映画では、なんとも暗くやるせない結末。原作はいかに。

若かりし頃は「3」と「8」を見間違えたりはありましたが、この頃は「28」を「8」に見間違えて大失態。
二桁を一桁にまちがえるのは、痴呆なのか認知障害なのか。
高音が聴き取れない、年寄り特有の聴覚劣化。
「青」を「白」と認識する、年寄り特有の色覚劣化。
あの著名な数学者も、ガスこんろの青火の高さを見誤り、着衣に着火したのでしょうか。

あの錦織が、お尻の筋肉を傷め、リード途中で、またまた棄権。
大リーグ最年長のイチローは、打つ、走る、投げるで負傷した、という話しはあまり聞かないですね。
「トラやライオンは、ウエイトトレーニングをやりますか!」
と言ってのけるだけのことはある。
金メダルを手にした日本期待の青年柔道家は、衣を脱ぐと、ボディビルダーのようでした。
大関ウルフのムキムキ筋肉も、前から気になっていました。

細胞の「オートファジー」。柔軟な頭脳と、柔軟な筋肉。
7日間の絶食絶水で、全身の細胞をオートファジーできたらいいのですが。

Posted by 鍵山いさお at 2016年10月07日 08:56 | 返信

寝ぼけとか、欲ボケとか、ピンボケ(aut of focus),まだらボケ、いろボケとかいろんな表現がありますけれど、ボケと言ったら差別だと言われると、ものが言えなくなりますね。
言葉狩りは嫌ですね。
錦織圭選手のお尻の痛みは、多分「椎間関節捻挫」ではないかと思います。triggerは、椎間関節でも、痛みは臀部に広がります。なかなか治りが悪いです。

Posted by 匿名 at 2016年10月08日 05:13 | 返信

痴呆の漢字の問題ではないですか?
「痴」「呆」という漢字には「愚か」などという意味が含まれてますし。
自分なら愚かな阿呆と呼ばれたら気分は最悪ですね。

Posted by 匿名 at 2018年06月02日 12:07 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部