このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

「国の看板」で製薬会社とPR会社がビジネス

2017年02月17日(金)

関東の大学病院の医師らが女性を集団暴行して逮捕されたり、
京都の大学病院の学長が暴力団と仲良くして家宅捜索を受けたり、
東大では一番エライ先生が国の看板で製薬会社の太鼓持ちをしたりで・・・

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

この国の医療界は、いったいどうなってしまっているのか。

「 国の看板」で製薬会社とPR会社がビジネスをしているのが
日本医学会のトップであるので、あとは推して知るべしなのだ。

デイオバン事件はまさに氷山の一角にすぎないことを、
ワセダクロニクルの第2弾記事が告発している。
http://www.wasedachronicle.org/articles/buying-articles/2/


拙書「薬のやめどき」と「痛くない死に方」はお陰様で7刷り5万部に
なっているそうだが、ここに書いていることが嘘ではない証拠でもある。

この本に大変お怒りのエライ先生がたからは当然圧力を受けるが、
私は間違ったことは言っていない、という自信があるので書いた。

以下、この記事からの抜粋である。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

2017年1月27日に、大阪府吹田市の国立循環器病研究センターの
名誉総長室で山口医師に会い、疑問をぶつけた。

「所感」を寄せた抗凝固薬に関する調査の報道用資料は、電通PRがバイエル薬品の新薬の
宣伝に活用するためのものだったことを知っているのか。
そもそも電通グループが顧客企業の製品を宣伝するために、「国の看板」を掲げるフォーラムを
使っていることを知っているのかーー。

山口医師の答えは「知らなかった」。私たちの取材に驚いたようだった。

山口医師がもっとも驚いたのが、電通PRの社内リポートにあった
「一企業の取り組みが、国が推進する健康運動を支援・準拠した、より意識の高い取り組み
としてアピールすることができる」「自社(顧客企業)製品が活用されるようになることを狙います」
という記述だった。
つまり、「国の看板」を利用して特定の企業の製品を宣伝する、という仕組みに驚いた。

「『健康日本21推進フォーラム』は、日本医学会の会長を務める高久先生という偉い人が
理事長なので、信用していいんだろうなと思った。だまされたな」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フォーラムが作成した抗凝固薬の報道用資料を高久会長に見せた。

資料を一読した高久会長はいった。

「確かにこれは(製薬会社の)バイエルの宣伝になりますね、明らかにね」

「(報道用資料に)勝手に僕の名前を使って。迷惑な話だ」

「(理事長を引き受けた時は)電通がね、半分ボランティア的にフォーラムの事務局をやるんだと思って、
そんなに商売に利用するとは思わなかったですよ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

ーー医療をテーマにした記事でカネが動き、記事として読者に届くことを、医学会長としてどう思いますか

「そういうことは、非常に問題だということ、声明出すことはできますよ。
ただ、それをやってるのが僕が理事長のところ。そうすると、
自分がやってることにけしからんということになっちゃう」

高久会長は、理事長職をやめる、と語った。そのための内容証明郵便の出し方を私たちに尋ね、
「翌日にも発送する」といった。

「フォーラムが特定の薬品を推薦している。理事長の私も知らないことで責任とれないから、
理事長をやめさせてくれっていう」

会長室を引き上げる際、高久会長はもらした。

「電通も、ひどいねえ……」

翌日、高久会長からワセダクロニクル編集長にメールがきた。

ほかの理事からもう少し様子をみるようにいわれ、今すぐの辞表提出は思いとどまったという。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

まあ、いろんな薬の洗脳セミナーの裏側はこんな感じだ。

自分のやっていることの愚かさにまったく気がついていないのが
薬の講演大好き教授やエライ先生がたである。

医療におけるエビデンスなんて所詮こんな世界だが、
メデイアは、”エビデンス”という言葉と権威に弱い。

ジャーナリズムも相当におかしいし考える力が無い。
それをおかしいと思わない医療界も全然おかしい。

もっとも、文科省の天下りもまさに氷山の一角だし、
永田町もひとたちもかなりおかしい。

たとえば受動喫煙防止条例に反対している議員たちは信じられない。
いくらお金をもらっているからとはいえ国民の利益を考えるべきだ。

このブログを読まれている一般市民の方は、
週刊誌に書かれている薬の話はあまり間違っていないので参考にすべきだ。

残念ながら医療界が自ら行うべきことを、売らんかなの週刊紙がやっている。
本当に恥ずかしいし、情けない。

お釈迦様が見たらなんというのか。



 

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

こういう症状は〇〇という病気です。
放置するとタイヘンことになりますよ~~~
早くお医者様の診察を受けて治療しなくちゃ!!!

医師が処方する薬は宣伝できないのでビョウキを宣伝する。
(ビョウキの知識を得るのは良いことでしょ? なんか文句ある?)
ビョウキを宣伝して視聴者の恐怖をあおって医者へ行こうという気にさせる。
医者は、特にクスリを飲む必要性が無くても、
「じゃ、おクスリ、出しておきますから。」

医者も繁盛、製薬会社はホクホク顔。
日本人はクスリ中毒。
国家は破綻。

Posted by 匿名 at 2017年02月17日 04:30 | 返信

あるとき、
看護師さんの診療前の事前聞き取りに30分。
お医者さんの診療に30分。
合計1時間診察してくれたとき、
会計は、220円でした。

あるとき、
診察はなく、注射一本打ちました。
会計は、35000円でした。

保険診療って、薬が絡まないと、どんなに親切丁寧にお話しを聞いてくれても、お金にならないんですね。

Posted by 匿名希望 at 2017年02月17日 11:41 | 返信

長尾先生は、よくこれだけ、お話になりたい事が、おありですね。
ブログをコピーしては拝読していますけれど、追いつきません。
あーしんど...。

Posted by 匿名 at 2017年02月17日 10:19 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問介護ステージョンゆうゆう

  • 尼崎のケアプランセンター あいあいケアプランセンター

  • 西宮・武庫川・尼崎の訪問看護ステーション・ケアマネジャー 在宅ステーションかがやき

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部